シナプス

脳の中の神経細胞ニューロンとニューロンの間のことをいう。ニューロンはひものような形をしていて、学習をすると、ニューとのびてロンロンロンロンくっついていく。つまり、シナプスが多くなる。

ニューロンから刺激が伝わるイメージは、麻野は勝手に、宇宙戦艦大和の波動砲をイメージしている。こう、なんつーか、パワーが蓄積されて、ドカーンといくのだ。あれを超早のスピードでやってるって感じ。

昔、「脳の大きい人が賢い」とか、「脳のしわの数が多いと賢い」という俗説があったが、今は、「シナプスが大量にあって、ドッカンドッカンやってるのが賢い」ということになろうか。


-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-14 12:58 | BGK