ネットゲーについておもうこと

昨日おとといと、12CHのWBSで、ゲームの特集をしていた。そこでいってたのが、「日本もネットゲームの時代が来る。もうすぐ来る」というもの。

韓国でネットゲームが爆発的に流行ったせいもあり、いずれは日本もすごいことになるという話は、ずいぶん前からあった。10年ほど前は、麻野も同意見を持っていた。

ゲームは、平面からポリゴンの立体表現へと進化してきた。次は、ネットによる対人型のゲームの時代がくる。これが来ると、ファミコンブームやPSブームの時のような大波が、ゲーム界を襲う。といったことを割と素直に思っていた。

実際は、、それから何年もたっても、マリオやドラクエのような騒ぎにはならなかった。でも、それも、不景気や、パソコンの普及率、ネットの値段の高さのせいだと思ってた。いつかその辺がクリアしたら、ネットゲーの時代が来ると、ずっとしつこく思っていた。

しかし、来ない。

確かに、UOやFFなど、はまってる人間はいる。しかし、マリオ、ドラクエのような社会現象とは比べ物にならない。むしろ、それに比べていいデジタル系エンタテイメントをあるとしたら、それは間違いなく携帯電話だ。日本では、PSの次のエンタメ機は携帯だ。

ここに来て、さすがに麻野も、ネットゲーの爆発的ヒットに対して懐疑的になってきた。というか、最近は、そんなもの幻想で、こないのではないか? とさえ思っている。

WBSを見てたら、光栄もソフトバンクも、おそらく他のゲーム会社の人も、みんな、「いつかはネットゲーの波がくる」ことを信じようとしているように見えたが、それって、ユダヤ教の救世主を待つ姿勢に似てる。つまり、一種の信仰にすぎない。

「日本でもネットゲームが流行る」という人は、いつも韓国のことをとりあげる。韓国で流行ったんなら、日本でも流行るだろうという理論だ。しかし、個人的な意見にすぎないが、麻野は、あれは、「ネットゲームが流行ったんじゃなくて、ネットゲームが流行った」んだと思ってる。あの時期、韓国でゲームが流行るのには、時代の必然性があった。そしてそのゲームがたまたまネットだったというだけだと思ってる。日本でゲームが流行ったのがパソコンでなく、家庭用ゲーム機というのは、諸々事情があったにしろ、大きな目でみたら、偶然だったと思う。それと同じ。

世界的に、タイミングや環境はそれぞれ異なるにしろ、ゲームというものが娯楽のひとつとして、ある時期、一度はどんな国でも「爆発的に流行して、定着する」という軌跡をたどると思う。で、アメリカではパソコンやアタリでスタンドアローン。日本だと家庭用ゲーム機でスタンドアローン。韓国ではパソコンでネット。という風になった。諸事情により、偶然。

これは歴史のイフだが、もし、韓国が日本の文化流入を阻止するということをしていなかったら、ファミコンやスーファミががんがん韓国にはいってて、おそらく日本と同じような家庭用ゲーム機のブームがあったと思う。だとしたら、PC房の隆盛も韓国ではおこらなかったような気がする。

となると、もう、日本で、韓国のようなネットゲームブームはないと思うのだ。ワシは。
どんなもんでしょうね。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-30 16:34 | 身辺雑記