台風 makes me おおみそか気分

今回の台風23号はすごかった。でかい。
テレビで天気図を見てたら、東京と大阪が暴風域にすっぽりおさまっていた。強風域にいたっては、岡山から岩手までがおさまっている。

ワシの記憶では、ここまで巨大な台風は見たことない。もちろん、ワシの記憶力というか、観察力はまったくいい加減なので、今までにも、こんな台風ザラに来ていたかもしれない。しかし、まあ、いい。とにかく今回は、その巨大さを思い知ったのだ。

関西に住んでいた頃は、テレビで東京の台風状況を映すころは、もう「終わったこと」になってた。「え? 何? 台風? まだそんなこというてんの、東京は」という感じだった。逆に、東京に住むようになってからは、テレビで、「うわあ。大阪はえらいことになってるなあ」と驚いても、「でもまあ、東京に来る頃は弱まってるし」と、他人事やった。つまり、大阪と東京は、台風に関して同時に思いをひとつにすることはなかったのだ。

しかし、今回は、TVで流れてる大阪や三重の状況は、そのときの自分の家の窓の外と、まったく同じだった。東京大阪間、ほぼ600Kmが同じ気象状態だなんて!

それどころか、岡山県人と岩手県人が、手に手をとって同じ強風を憂うのだ。

江戸時代、享保の飢饉で岩手では人肉の市が立っている頃、岡山人はのんびりキビダンゴを食ってたに違いない。それほど、遠かった県同士が、「今は、今だけは」、思いをひとつにしている! ……天気図見ながら、ワシは感動していた。

なんつーか、紅白歌合戦が終わって、「往く年来る年」が始まった瞬間にしか味わえない、、「日本中が同じ目にあってる感」が、10月に味わえたのだ。なかなか妙な感覚だった。

ところで、今日の新聞によると、今回、被害が大きかったのは、岡山、兵庫、京都らしいが、これは非常によくわかる。というのが、この辺の人間は、割と台風をなめている。普段、少々の台風が来ても、沖縄や九州ほどの被害はないからだ。たまに大雪が降って、ころぶ東京人と同じだ。なので、今回のような例外的な台風がくると、被害が大きくなってしまうんだと思う。これに関しては、家族親戚が、この周辺なので、ワシも他人事ではない。

えーと。結論は別にないな。終わります。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-10-21 19:31 | 身辺雑記