住所変更

住所変更するために、みずほ、三井住友、UFJに行った。区役所にもいった。

まず、みずほ。所定の用紙に前の住所と新住所を書き、自分を証明するもの(免許証)と、印鑑と通帳が必要。割と普通。

次にルートの関係で区役所に行く。愛想はまあまあ。「国民健康保険の変更もしないといけないね」といわれ、「どこで?」と聞くと、「ここで」という返事。「ああ、また来るのか面倒だな」と思う。
「手続き終わるまで、しばらく待て」といわれ、10分たっても呼ばれない。「まだかかるの?」と聞くと、「あと10分」とのこと。何にそんなに時間がかかるのかと思ってると、「できました」といって、新しい健康保険証をもらう。「え、作ってたの?」と驚いた。これ作るのに、時間かかってんたんだ。説明不足ではあるが、スピーディーな仕事には感心。

三井住友に行く。なんと、新しい住所を証明するものがいるという。
「もってないですよ」
「住民票か、車の免許証ありませんか?」
「うーん、住民票はないなあ。(というか、普通、持ちあるかねえよ)、免許も古いままだなあ……あ、そういえば保険証あった」
「それでいいです」
ラッキーだった。変更してホカホカの保険証が役にたった。先にこっち来てたら二度手間になるところだった。
それにしても、なんで新しい住所を証明しないといけないんだ? みずほは問題なかったぞ。

最後にUFJ。ここはすごかった。機械でキャッシュカードで認証済ませて、全部ボタンだけで終了。すげー早い。

というわけで、住所変更の届けに関する麻野の印象。

UFJ>区役所>みずほ>>>>三井住友

この前の、カードに金かかるのも含めて、どうもワシ、三井住友は相性悪いわ。待合の椅子も足りないし。
あ、そうそう。その後、警察で免許証の住所変更もした。こっちも普通。というか、警察官、意外に愛想よかった。なので、

UFJ>区役所>警察=みずほ>>>>三井住友
[PR]
by asano_kazuya | 2005-03-22 17:27 | 身辺雑記