ケチはトラブルをまねくか?

三井住友のキャッシュカードのその後を書く。

4月になったらICカードの扱いが始まるというのが頭の片隅にあった。ある日、新聞でICカードの記事を読み、5月までなら無料で切り替えられると知った。4月11日、三井住友銀行へ行き、ICカードの切り替えを頼む。

「ICカードにするには1000円かかります」
「え、でも、無料とききましたが……」
「無料にするには、One's plus というサービスを契約してもらう必要があります」
「あ、そうなんですか」
「One's plus を契約すると、ある条件を満たすと、ATMの時間外手数料が無料になるという特典があります」
「条件ってなんでしょう」

パンフレットをもらった。見ると、給料振込みとか住宅ローンとか色々あるが、自由業のワシには縁がない。残高30万以上というのもあるが、いつもそうとは限らない。うーんと思っていると、「カードローンの契約」という条件があった。これは、一種のサラ金みたいなもので、短期間の借り入れができる契約だ。ワシはもともとカードローンの契約はしていた。ほとんど使ってないけど。

「それだと条件を満たしているので、無料になります」
「しかし、カードローンはほとんど使ってないんですよ。(利子高いから……とはいわなかった)」
「いえ、ご使用されてなくても、契約があればいいんです」
「なら、One's plus の契約します」

というわけで、One's plus にはいり、ICカードもお願いして帰ってきた。ところが、今日の午前中、三井住友から電話があった。

お客様のカードはICカードにできないことがわかりました
「え? どうしてです」
「国際カードとカードローンの契約をしているカードはICにできないんです」

国際カードというのは、海外のATMも使えるという機能だ。「お客様、海外旅行はよくされるんですか?」と聞かれたがそういう問題じゃない。カードローンがあるから、手数料無料だからワンズプラスオッケーで、だからICが無料で……なんだか頭がこんがらがってきた。元々は、磁気がいかれてカードが使えないので、それを解消するのが目的だ。その旨伝えたら、「それでしたら無料でお取替えします」とのこと。

「ええー! 前に、有料だっていったじゃない! だから、こんなややこしいことになったのに!」

との旨を丁寧に伝えると、「破損、紛失は有料だが、磁気が減退した場合は無料」とのこと。前に店員にいわれたのは、ウソだったのだ。
だったら、単にカードの切り替えをしてもらうだけでいいというと、「店に来てくれ」といわれ、来店を約束する。

でも、それなら、One's plus にはいる必要があまりない。今までどおりでかまわない。ただ、ATMの時間外手数料が無料になるのは便利なので、どうしようと思い、11日にもらったパンフレットを見てみた。すると、時間外手数料うんぬん以前に、One's plusの利用料というのが、210円かかるとのこと。

えー! 聞いてないよ。

「とにかく、行くしかない。行って、ICカードもやめて、One's plus もやめよう。カードの切り替えだけしてもらう」

そう思って店にいってみた。すると、「カードローンの契約をしていたら、利用料も無料」とのこと。「ATM使用料だけじゃないんですか」ときくと、前にもらったのと別のパンフレットを持ってきた。それによると、カードローンの契約があると、両方とも無料と書いてある。

「じゃあ、One's plus はいってもいいです。あと、カードの切り替えお願いします。ICはいいです」


ということで、なんだか時間がかかったが、無事、切り替えができることになった。10日ほどかかるらしいが、まあいい。銀行の人も、色々迷惑かけたと平身低頭で、粗品もくれた。ティッシュとラップ。これだけのことで相当気分よくなって、バスに乗ってよくよく考えると、これだけのためにバス乗って来たんだから、バス代の420円とどっちが得だったか疑問だ。でもまあ、気持ちの問題だと思って、バスが動き出してから気づいた。

傘忘れた。

これは、オレが100%悪いんだが、やっぱ相性悪いのかなあ。
そう思いながら、家に帰って、11日にもらったパンフレットで利用料のことを確認してみる。無料になる条件は、「カードローンの残高があること」と書いてある。つまり、借金したいといけないのだ。しかし、今日もらったパンフレットは、「カードローンの契約があること」と書いてある。今日もらったのは薄いパンフで、前にもらったのは詳細が書いてる厚いやつだ。

???どっちなんだ???

傘のこともあるので、電話した。傘はやっぱり銀行に忘れてたらしく、見つかった。「残高」なのか、「契約」なのかを確認すると、「契約」とのこと。でも、11日にもらったパンフレットだと、「残高」だよというと、パンフの日付をみてくれといわれる。見ると、去年の11月だ。それは古いらしい。4月1日にパンフが新しくなって、それだと、「契約」になっているとのこと。4月11日にもらったパンフが古かったのだ。

うーん。窓口の人も丁寧だし、親切だし、悪気もないし、失敗したとしてもささいなことなんだが、なんつーか、相性わるいのかなあ。それとも、オレに問題があるのだろうか。

ケチだからか? 200円とか1000円に細かいから、トラブルになるのか?

やっぱそうなんだろうなあ。最初に、さっさと、1000円でカードを切り替えてりゃ、こんな問題起きてないよなあ。きっとケチをやめれば、バスのドアにはさまれることもないんだろう。タクシー乗ればいいんだ。雨の日は。あーあ、だんだんイヤになってきた。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-04-13 15:57 |