大林宣彦

映画監督。
代表作「HOUSE」、「時をかける少女」「さびしんぼう」など多数。
18歳くらいのとき、初めて「HOUSE」を観て、驚愕。
それからしばらくは、封切り作品は相当追いかけた。

いつの間にかあまり観なくなったが、一時期は、中毒患者のようになっていた。
今の40歳前後の男は、そういう時期があった人、多いんじゃないかな。

-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:夜のピクニック編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-04-14 14:52 | BGK