安楽椅子探偵

推理小説の世界での用語のひとつ。

現場に行かずして、書斎の安楽椅子に座り、人の話を聞くだけで犯人を当ててしまう探偵のことをいう。アガサ・クリスティの書いたミス・マープルが代表。

-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:江戸川乱歩編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-07-13 11:21 | BGK