UFJいい加減にしてくれ その3 ~いつのまにか、金を貸してた~

たまたまUFJの職員らしい人が、ATMのところに入ってきた。40半ばの男だ。麻野は、その人を呼び止めた。

「あの、UFJの職員の方ですか?」
「ええ、そうです」
「あの、この紙にある、ローン残高って、私が借りている金額ではなく、その……えーと、返しすぎたということでしょうか?」
「多分」
「あの、じゃあ、これ、引き出すにはどうしたらいいでしょう?」
「できません」
「は?」
「引き出せません」
「えーとですね。ということは、もしかして、また、ローンを借りて、次に返すということですか?」
「そうです」
「ええええー! それってものすごく不便ですね」
「はい」
「……」
「なんでしたら、直接電話で聞いてください」
「電話で聞いても、今の話なんですよね」
「はい」

ここでアホらしくなって帰ることにした。

もう、ツッコミどころ満載だ。

・ATM、もっと使いやすくしろよ!
・ローン残高って、ふつうは返すべき数字を書くだろう! オレの貸してる金じゃん!
・職員のくせに、「多分」はないだろう!
・入金した金おろせないってどういうことだ!
・不便ですねと苦情いってるのに、涼しい顔で「はい」とはなんだ!
・直接電話って、どういうことだ。今、あんたと直接話ししてるじゃん!
・電話できいても同じなのに、なんでかけさせるんだ。単に今、この場で自分が面倒なだけなの、みえみえだよ!

……はあはあはあ。疲れた。

そもそもネットの表示が間違ってて、なんだかんだで時間と手間と、100円くらいのお金をもっていかれた。納得いかないよ、まったく。

ブログのカテゴリに、「銀行」というのを加えようかと思ったが、せますぎるので、「ぼやき」というのを増やした。今後、銀行があまりにひどいようだった。それの文句に特化した、カテゴリを作ってやる!
[PR]
by asano_kazuya | 2005-07-30 11:38 |