暴言彼女

映画『猟奇的な彼女』を観た。
以前、ある対談で誰かが、「なぜ、日本では『猟奇的な彼女』のような映画が生まれないのか」といっていて、それ以来、気になっていたのだが、なんとなく見ないで来てしまっていた。しかし、ついに今日、観た。

観て、30分。
「これ、ハルヒじゃないか!」

エキセントリックな女子が、男子を振り回す構図が、『涼宮ハルヒの憂鬱』とまるっきり同じだ。
どう考えても、どっちかの作者が相手の作品を見て、影響うけて作ったとしか思えない。

麻野は、ライトノベルは、『ハルヒ』しか読んだことがなくて、かつ、大好きだ。恋愛小説は、仕事で何冊も読んだが、『ハルヒ』に対しては、好き好き3本指に入る愛を感じている。

さっそく、ぐぐったら、『猟奇』原作が1999年。『ハルヒ』2003年。ハルヒの方が後だ。
そうか。『ハルヒ』は、この映画の影響を受けてたのかと思い、他にも気づいている人はいるだろうとおもって、
再度ググったら、やはり出てきた。

これ。


『猟奇』の主人公は、キョヌ。『ハルヒ』の主人公はキョン。
おそらく、作者の谷川流は、影響受けたことをそれとなく表明したくてこんな名前にしたのだろう。

リンク先のコメントには、「韓国人がまた起源主張してる」というのもあるが、これはどう見ても、起源韓国やろう。まあ、起源なんてどうでもいいが。

話戻して、『猟奇的な彼女』は、最後まで見て、とてもおもしろい映画だった。韓国映画はだいたいおもしろいが、これもシナリオ構成しっかりしてるし、サービス精神旺盛だし、おすすめできる映画だった。
後半から、当たり前だが、ハルヒとはかなり違う趣になってくる。
最終的には、全然関係ない作品だ。そして、とてもいい。

また、話を猟奇とハルヒの関係にもどす。
ある作品があって、その中のあるポイントに触発されて、それを別の人間が、別のとても素晴らしい作品を作る。これは本当にいいことだと思う。
『猟奇』と『ハルヒ』は、それが起きたある種の奇跡だと思う。

ハルヒファンの中には、オリジナルが他にあると言われてイヤになるかもしれないが、だいたいたいていのものがそうなので、それはいいんじゃないだろうか。

「影響受けた証拠あるのか」とか言われたら、「まったくない」としかいいようがないが、両者を見て、影響受けてないと思う人間がいたら、麻野はその人の感覚は信用しないわ。というか、2001年時点で、この映画見て、クリエーターが影響受けなかったら、それはおかしい。このキャラやら構図は、かなりインパクトある。

いやあ、いいもん観た。
[PR]
by asano_kazuya | 2015-10-07 01:02 |