健康保険 払いすぎ問題

 今、政界は年金の未払い問題でゆれているが、この2,3日、麻野個人は健康保険の問題で大きくゆれている。震度7くらい。それも、未払いではなく、払いすぎで。

 まあ、みなさん、聞いてください。

 おととし、サラリーマンをやめて自営業になった。通常なら、企業が加入している産業健康保険から国民健康保険に移行するのだが、計算してみると払う金額がえらく高くなる。なので、しばらく産業健康保険を継続することにした。(そういうことが、2年くらいはできるのです)

 自営業になって、サラリーマン時代よりガクンと収入がへった。なので、本来なら保険料もへるはず。しかし、計算の元になるのが前年度の住民税なので、1年ずれてしまうのだ。

 会社やめたのが10月という、中途半端な時期ということもあって、わたくしの低収入が丸々反映するのは2003年度分の住民税。であるからして、今年の4月に国民健康保険に切り替えれば、保険料はぐんと安くなるはずだった。

 ところが、ここからがややこしい。退職してすぐの時期は、失業保険の話やら、今話題の年金の話、そしてこの健康保険の話と、それまで意識していない社会保険の話をどっさり勉強しないといけないハメに陥っていた。色んな役所に電話したり本を読んだり、脱サラ(死語か……)の先輩に話を聞いたりで、麻野なりに、なるべく知識を蓄えた。で、そのとき、耳に挟んだのが、こんな話だった。

 「国民健康保険の保険料は、住民税額が確定する6月以降に計算を始めるから、額がわかるのは、6月以降です」
 区役所に電話して、こう聞いたのだ。1年半くらい前の話。

 つまり、こういうことだ。

 1:2003年の1月~12月までの収入を元にして、2004年の2月の確定申告で所得税が決まる。
 2:それを元に、2004年の6月ころ住民税が決まる。
 3:それを元にして、健康保険の額が決まる。

 というわけ。

 「2ヶ月もかかるのか。お役所仕事な感じもするが、データが膨大だからしょうがないのかなあ」とか思った記憶がある。

 なので、麻野は、今年の6月ころになってから、健康保険の切り替えをやればいいと思い込み、4月分は、今までどおり産業健康保険の額を払い込んだ。2万7700円というケッコウな額である。そして、5月分を払う段になって、なんとなくイヤな予感がして、「も一度確認しておくか……」と、区役所に電話してみた。

 そしたらなんと! な、なんと!

 「額の計算は6月にするけど、切り替えを4月にやっておけば、4,5,6月分の料金も国民健康保険の額になります。後からの振込みでオッケーです」

 「えええええー!」
 あわてて計算すると、その額たったの2500円ちょい。つまり、2万5000円も多く払ってしまってたのだ。

 納得がいかない。

 確かに前回聞いたとき、「計算は6月にするかもしれないけど、適用は4月からではないのですか?」と、麻野は質問しなかった。

 しなかったよ。

 でも、フツー、そんなこと思いもしないから、質問自体思いつかないよ。

 今回の電話でも、はじめの5分くらいは、「計算は6月」という話しか、職員はしてなかった。
 しかし、考えたらそれもアバウトな話だ。
 6月といっても30日もある。6月分の保険料のシメキリが10日なのである。もし、計算が10日以前だったら、計算後に切り替えしたいし、10日以後なら、それから切り替えたい。そういうこともあって、その計算は、6月の何日にするのですかとか、細かくきいてみたが、イマイチ返ってくる答えが、痒いところに手が届かない。

 それでももう、ちょっと恥ずかしかったのだが、思い切って、「なるべく安くしないんで、ちょうどいいタイミングで切り替えをしたいんです」といったら、初めて、「だったら、4月がいいですよ。もう、終わりましたが」という話が出てきたのだ。そういう聞き方をしていなければ、おそらく5,6月分も2万5000円分、余計に払ってただろう。

 麻野が見栄はったのが失敗でしょうかねえ。1年前に聞いたときも、「なるべく安くするにはどうしたらいいですか?」と聞けばよかったんでしょうかねえ……しかしなあ。

 まあ、ヘタしたら7万5000円余計に払ってたところが、まだマシな結果になったと無理やりなポジティブシンキングかますしかないのだけど、コンビニで1000円の時給でバイトしたら、25時間分の金、つまり3日分の労働がパーになったかと思うと……なあ。

 つーわけで、いきなり話を冒頭の話にもどしますが、年金の未払いで議員連中が困っております。あの人たちも、悪気のある人もいたのかもしれませんが、それ以前に制度自体がややこしすぎるんじゃないかと。麻野は思うわけです。年金もややこしいけど、健康保険も、けっしてシンプルじゃないと、ワタクシ、声を大にしていいたい!

 なんつーか。日本の色んな制度って、終身雇用が前提でつくられていて、今、現実はそれが崩れてきてて、その辺のルールとか制度がおいついてないんで、こんなことになってるんじゃないかと、なんとなく、ブログって、こういう事書いたほうがいいの? でも長すぎるよね。という含みを残しつつ、終わります。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-05-08 14:54 |