体が冷えるので風呂であったまりたい

去年の冬ぐらいから、足が冷えて困る。昔は手足がほてって困ったのだが、これも年のせいか。

たまたま人にもらった入浴剤を使うとなかなか具合がいい。一袋だけだったので、薬局へ入浴剤を見に行く。けっこう値段に開きがある。800gで800円とか、500円とか2000円とか。裏返して成分見ると、ほとんどが「塩化ナトリウム」か「炭酸水素ナトリウム」。

「塩化ナトリウム? 塩じゃん」

ということで、買わずに帰って、風呂に塩を入れてみた。悪くない。ネットで調べると、保温効果があるらしい。でも、まだ何か物足らない。

「よし、炭酸水素ナトリウムを手に入れよう」

しかし、どこでどうしていいかわからない。そして、数日がたった。いつも心の片隅に炭酸水素ナトリウムがあった。

たまたま昨日、家の台所をゴソゴソしてると、茶渋を取るという粉洗剤がでてきた。どうせ研磨剤だと思って何の気なしに裏返すと、「炭酸水素ナトリウム99%」の表示。こんなところに……

アッタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!

さっそく入れてみてもいいが、塩に比べると馴染みがないので、怖い。もしかしたら、素人の知らないところで、重炭酸水素ナトリウムとか軽炭酸水素ナトリウムとかあって、軽なら入浴剤になって体があったまるが、重だと、アルカリがなんとかで、皮膚がただれて死ぬかもしれない。エチルアルコールとメチルアルコールの差みたいに。

ネットで調べると、どうやら安全だとわかった。重も軽もない。水に溶かすと、炭酸ソーダになるらしい。飲めるほど安全。ある女性向けの掲示板では、「炭酸水素ナトリウム、マンセー」のスレさえあって、500人からの冷え性になやむ女性が、「入浴剤買うより安くていい!」と絶賛していた。

で、いれてみた。たしかにいい感じ。明日は、これに塩もいれるつもり。その次はクエン酸もいれるつもり。湯を酸性にすると炭酸ガスが発生して、よりあったまるという話なのだ。順番に効果のアップを楽しむのだ。

で、まあ、わりといいと思ってはいるのだが、実はガッカリするような事実も知った。昨日、薬局をいくつかめぐったら、500gで200円の入浴剤があったのだ。炭酸水素ナトリウムって、500gで300円~500円する。だとすると、安いのが手に入ったら、市販の入浴剤の方が安いのだ。自分で作るより。まあ、塩はもっと安くて500gで100円とかだから、混ぜたら安めにはなるが、それでも「すげー安い」とまではいかない。

結局はブランド代。バスクリンとか、クナイプだかクネイプだとかいうハイカラなやつとか、バブとか。いわゆるブランドものは高いけど、無名の入浴剤はけっこう安いのだ。

安い入浴剤を手に入れる裏ワザをみつけたつもりで興奮したが、世の中そんなに裏はないのだ。そういう教訓が身にしみたのでした。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-11-22 12:50 | 身辺雑記