遥かなる車庫証明


知人から車を譲ってもらうことになった。駐車場はニョーボが色々探してくれて、不動産屋で契約もすましてくれた。そこまではいいのだが、帰宅してから少々妙なことをいう。

「車庫証明をもらって、また来いと不動産屋が言った」というのだ。なんでそんなことを言うのか。確かに車庫証明は必要だが、こっちの問題であって、不動産屋には関係ない。

電話して、「勝手に取るから」というと、「それには貸主の承諾書を作る必要がある。その承諾書用の紙が警察にあるので、持ってきて欲しい」という。なるほど、紙が必要というのなら、まあ、わからないでもない。

しかし、それでもまだひっかかる。今までにも何度か車庫証明をとったことがあるが、そんなもの作ってもらった覚えがない。しかも、作るのに千円かかるという。そんな金もはらったおぼえがない。住んでたところが違うせいか?

とりあえず、面倒なことは早めにやってしまった方がいいと思い、すぐに警察に向かった。土曜だったので担当の人はいなかったが、書類そのものは手に入った。確かに書類の中に承諾書というものがある。それを持って、次は不動産屋に向かう。

不動産屋はすぐ近くだった。承諾書はすぐに作ってくれた。千円払う。他にも、地図をコピーして貼り付けてくれるなど、やけに親切。、「こんなことまでやってくれる不動産屋ははじめてだ」というと、「サービスです」とのこと。次はまた警察だが、土曜日は受け付けないので、後日行くことにする。




火曜日、警察に行くと、麻野と同様、車庫証明を取りに来たおばさんが係の人と話しこんでいる。聞くでもなく聞いてると、係の人が、「この貸主の承諾書というのは、契約書の写しでもかまわないから」と言うのが耳にはいった。

え? そうなの?

だったら、千円もいらない。コピー代10円ですむ。おばさんがいなくなってから確認すると、確かに契約書のコピーでいいという。あと、話の本筋とは関係ないが、車検証のコピーもいるという。

不動産屋にだまされたのだ。やはり、自分の記憶の方が正しかった。それにしても、念がいっている。「勝手に作る」といってるのに、「それは無理だ」とまで言ったのだ。

どっちにしろ、その日、用があってもう一度不動産屋に行くことになっていた。不動産屋に行って、当初の用事をすまし、話を切り出した。

「今、警察で聞いたんですが、この承諾書って必要ないんですって?」

相手は最初、「そんなことはない」と抵抗した。何枚かある書類のうち、「この紙は確かに不要です。これのことをいってるんじゃないんですか?」といわれて、少し不安になる。しかし、いきなり引き下がるのもしゃくなので、のんびりとした態度でいく。

そのうち、「契約書のコピーだと、ウソがかけるじゃないですか」とかワケのわからないことを言い出す。「コピーして、日付かえるとか」というのだ。できるかもしれないけど、その時点で犯罪だから、理由になってない。それにそれをどうとるかは警察の問題だ。その上、「この承諾書を作るのに、駐車場代ひと月分とる不動産屋もあるんですよ」などと言い出した。

ありえない。

適当にあいづちを打っていると、やがて、「本当に必要ないなら、金は返す」と言いだした。

念のため、もう一度確認した方がいいと思ったのと、「金を返してくれ」といったとたん、何枚かある書類を全部破棄されたりしても書き直すのが面倒なので、とりあえずは、「もう一度警察で聞いてくる」とその場は退いた。

で、警察に行くと、やはり不要だという。破棄されてもすぐに書きなおせるよう、今ある書類のコピーをとって、不動産屋にまたもどった。腹は立つが、後々のこと(更新のときにまた世話になる)があるので、あまり事を荒立てるのもどうかと思い、金だけ返してもらって穏便にすませた。

で、まあ話の本筋はこれで終わり。なんかせこい商売だなあと思ったわけです。
以下はその後の話し。

警察に行くと、今度は車検証の名義が古いままなのでダメとのこと。(コピーする前に教えてくれよ……)

まずは名義を変えるために、品川の軽自動車検査協会に行かないといけない。

事前に必要なものを聞こうと検査協会に電話するが、ずっと話中。サイト見ても、要領を得ない。数時間にわたり、5,6回目のトライで、やっとつながったら、前の持ち主の印鑑がいるとか。(そんなのサイトに書いてないよ)。逆に、サイトに必要だと書いてる自賠責の書類は不要だとのこと。それに、住民票をとりに、まずは区役所いかないと。

ああ……車庫証明、いつになったら手に入るんだ?
[PR]
by asano_kazuya | 2006-05-22 17:59 | 身辺雑記