ゾンビのいる映画館 ~愚痴です~

 下に書いた、「ドーン・オブ・ザ・デッド」。映画そのものは最高だったけど、観た環境は最悪だった。後ろの席の二人組みの男、うるさすぎ。始まる前から、うんちくと文句ばっかり。

 「ゾンビはともかく、なんちゃらリビングデッドは、ありえない」
 「だいたい、腐ってしまうんだからほっとけばいいのに」
 「見ながらロメロにつっこみいれまくりだよ」とか、ずーっと、ブツブツいってる。

 始まってからも、派手なシーンのたびに、「フフン」と鼻で笑ったり、画面を小ばかにし続けて、興がそがれることはなはだしい。

 あげく、エンディングが終わったとたん、大きくため息ついて、
 「前の作品の方がなあ~」。

 お前ら、もう来るな! うっとおしい! 人の作ったものをバカにして自分がえらくなったような気分味わいたいなら、家で勝手にやってろ!

 どんな若造なんだ、面みてやれと、席を立つときに後ろを振り向いて、ぎょっとした。

 ……老人じゃないか! 二人組みの。

 しゃべってる内容と声のトーンは、30男のおたく語り。しかし、見た目は50歳。

 お前ら、老けすぎ! ゾンビ見に、映画館来なくていいよ。鏡見とけ!
[PR]
by asano_kazuya | 2004-06-02 14:30 | 身辺雑記