ひかり電話

今回の話は、役に立つ人もいるかもしれない。

今まで、ADSLだったが、「フレッツひかり」を導入した。ついでに電話も「ひかり電話」というNTTのIP電話に変えた。IPにするなら、スカイプとか他の方法もあるのだろうが、面倒なのでNTTの勧誘に素直にしたがったのだ。その工事が7月、たしか1日だった。

昨日8月分(実際は7月分)の請求書が来たので見てみると、けっこう安くなっていた。だいたい、6000円は超えてたのが、5000円ちょっとになっている。内訳も項目が減ってスッキリしている。なにがどう変わったのか気になって7月の請求書と付き合わせたら、妙なことに気づいた。工事費が2回とられている。7月に1000円、8月に2600円だ。

なんで2回なのか。それと、今回の工事費が8月だけのものだったとしたら、9月からはもっと電話代が安くなる。その辺も確かめたくて、NTTに問い合わせてみた。

そしたら、こういう話だった。

7月の工事費は、工事費というより、「電話の権利の預かり代金」ということだった。本来、電話を引くときに権利を買う。IPにするとそれがいらなくなるので、権利をNTTが預かる。それの預かり代金が2000円だとのこと。今回1000円になったのは、そのままNTTのIPに移行してくれたので、いわばサービスで半額にしたとのこと。

本来の工事費は8月の分で、これはそもそも2000円だとのこと。しかし、土日に工事した場合は3割増しなので、2600円だということだった。「3割増し」の話は聞いてないと抗議すると、「あとで担当のものに電話いれさせる」との返事。

ちなみに、工事費は今回だけで、9月以降はないという。とすると、電話代は2500円くらいになる。6000円してたのが、2500円だ。えらく安い。ただ、あまりにできすぎた話なので、まだ警戒している。

で、結論めいたもの。

おそらく、ひかりより安いIPはあると思うが、設定やら業者選択が面倒くさければNTTは便利。今のところ、安くなりそうな予感もある。なにより番号がかわらないのがいい。

ただし、土日の工事はさけた方が無難。つーか、別に3割増しはかまわんのじゃ。600円くらい、他が安くなってるからなんともない。腹立つのは、事前になにもいわんこと。割り増しするなら、ひとことくらいいえよ!

という次第です。
[PR]
by asano_kazuya | 2006-08-24 12:58 | 身辺雑記