読書感想文

-------------------------------------------------------------------------------
明石散人「日本国大崩壊」
-------------------------------------------------------------------------------
 この人は歴史ものが多いが、これは時事評論もの。1999年12月から、間をとばしつつ、2003年2月までの、その時々の出来事(主に政治経済)に関する独特な論評を展開している。

 「日の丸とアメリカの国旗は、共通点がある。両方とも基本は赤白。ともに永遠を意味する」とか、「前の戦争で日・独・伊が組んだのは、犬のなき声が同じだったから。でも、たかだか犬が理由で組んだから負けた」とか、「今は天皇は靖国神社を認めていない」とか、「鈴木宗男を応援する」とか、相変わらず、法螺なのか真実なのかふざけてるのか判断不能。


-------------------------------------------------------------------------------
テッド・チャン「あなたの人生の物語」
-------------------------------------------------------------------------------
 SFの短編集。なんかしらんが、帯に書いている「第1位」という文句に惹かれて購入。どの話も、読み始めはおもしろそうだが、どんどんおもしろくなくなっていって、最後はオチがわからない。あるいは、オチがゆるい。そう思うのは、ワシの頭が悪いせいだろう。

 個人的には、表題作より、最後におさめられた「顔の美醜について」がもっともおもしろかった。ちなみに、翻訳もの独特の、変な感じのする文章をいくつか発見したので書いておく。おちつかない、あるいは意味不明なのが持ち味です。

『聖地は判で押したように居住にふさわしくない場所だった』 P416
『ビールのゴーグルをかける気にはならないね』 P476

-------------------------------------------------------------------------------
近藤光信「これならわかる 自作パソコン」
-------------------------------------------------------------------------------
 役に立ちました。これがなかったらグラボの差込みができず、今も途方にくれていたかも。でも、IDEの接続が、シリアルATAしか載ってなかったのにはビックリ。もうそんな時代なんですねえ。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-06-18 13:01 |