最新の憤死

悲しんでも仕方のない悲しみは早く風化させたいので、とにかく、このブログを埋めることに専念する。こういうときは、ボヤキに限る。というわけで、ぼやく。

読売の渡辺はいったい何様だと思ってるのだ。

ワシは生まれが阪神沿線なのでタイガースファンであるが、アンチ巨人ではない。特に東京に来てからは、サンTVがないので、野球をみるといったら巨人戦ばっかりになり、知らないうちに巨人の選手もだいぶ覚えてしまった。

覚えてしまうと親近感もわく。不思議なことに、清原といい桑田といい、巨人の選手は関西出身者も多い。今は太平洋の向こう側に行ってしまった松井も、元々は阪神ファンだった。

そんなこんなで、ディープなタイガースファンには嫌われそうだが、巨人の選手が活躍すること、それ自体は楽しみになっていた。たとえば、桑田がホームランを打たれた瞬間、背中ごしに打球を追う顔は、「見返り桑田」と珍重して、いつも楽しみにしてきた。また、清原が空振りするたびに、「いいぞ、番長!」と大声を上げてはやし立てたりもしてきた。

大量の札束でスター選手を買うという巨人の体質は、たしかに好きではなかったが、まあ、資本主義の世の中やから、しゃあないわなあ、ぐらいに思っていた。色々ひっくるめて、オロナミンCに卵をいれて飲み、吐きそうになるくらいには、ジャイアンツにも親しんできたのだ。

しかし、しかし、この一連の1リーグ制うんぬんは、いったいなんや!

大体が、や! 近鉄が球団名を売りに出した時点で、経営が相当せっぱつまってたことはわかってたはずや。近鉄も、しとうて言い出したこっちゃないやろう。それをやめさせといて、今度、合併となるとあっさりオッケー。ワシは、この話を始めて聞いたとき、渡辺が球界全体で資金援助する話でも持ち出すかと思ったが、甘かった。このオッサンを、見損なってた。

それで、合併したら5チームやのに、どうするんやと思ってたら、また合併話。でもって、1リーグ。誰がどうみても、怪しすぎる。話がトントン、トントン行き過ぎやろ。もちろんファンも選手も寝耳に水やろう。でもまあ、ここまでやったら、まだ気分悪いくらいですんだ。ワシが本気で腹立ったのは、選手が異議を申し立てたことに対して、渡辺が「選手の分際で」といったことや。

もっかい、書く。お前はいったい、何様や。ええ! クソ渡辺。

そのあとはもう、怒涛のようにむちゃくちゃ。ワシは、特にライブドアという会社が好きなわけではないが、それにしてもあの言い草(「うさんくさい会社」)はないやろう。阪神が「もう少し考えよう」と提案したら、「不愉快」(これは渡辺本人の言ではないが)とは、いったいお前はどこのバカ殿や。どこの北朝鮮の元首や。

(ちなみに、阪神のフロントは、ずっと大嫌いやったが、今回のことでずいぶん見直した)。

近鉄のおっさんも、クソ渡辺とどこまで何を約束したんや。ライブドアに買うてもうたら、存続できるやないか。ファンと伝統を考えたら、しのごのいわずに、まずは存続させえよ。それからでええやないか。

古田、がんばってくれ。お前が阪神にいてくれたらと思うこともあったが、そんなことはもう、すべて水に流す。お前が宣伝するメガネ、なんとかメトリクス。前々から買おうと思って、いつもどこに売ってるかわからんから買えんままに何年もたってるが、今度こそ調べて買う。そのメガネかけてフットサルしてヘディングして、「あーあ、やっぱりメガネかけてサッカーは難しいなあ」とグチをこぼすことを約束するから、頼むから、ストライキをやりまくって、渡辺を困らせてくれ。

昔から世界史の教科書で、「憤死」という単語を見かけるたび、意味がようわからんかった。「なんとか教皇が獄中で憤死」というアレや。憤って死んでしまうとは、具体的にはどういう死に方なのか、いまだにわからん。イメージとしては、「ブヒーッ!」といって、こめかみの血管が切れて血がドバーッ!ってなって死ぬのか? そんな感じか?

今こそ、今こそ憤死を見たい。憤死がどんなものか、知るときが来たのだ。なぜなら、この世でもっとも憤死が似合う男が現れたからだ。

それは渡辺。お前や。

このブログを見てるみんな(そんな奇特な人がどれくらいおるかわからんが)!

さあ、渡辺を憤死させよう。みんなで、モノホンの憤死を見ようやないか。日本中の野球ファン、野球を愛する人々、渡辺の憤死を見ようやないか。

読売新聞の購読をやめよう。駅でも買うのはやめよう。報知新聞も放置しよう。巨人戦は見ないようにしよう。選手は巨人戦のみストライキをしよう。鉄道関係者は、後楽園周辺の駅はすっとばそう。オロナミンCは飲むのを……やめんでいいか、新庄と上戸とペは関係ないか。巨人の選手とファンには暖かく、でも渡辺には冷たく。そうやって、とにかく、クソ渡辺を困らせよう!

はあはあ……。これだけ書いたら、昨日のこと↓は、忘れられるかな。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-28 23:27 | 身辺雑記