著者は日本人とのことだが

a0016446_1811691.jpg香港の空港で、中国人向け(台湾人向け)の日本語会話の本を見つけた。
「これを読めば日本語がペラペラになる」と序文にあるが、あまりの怪しい日本語に笑いが止まらず、思わず購入してしまった。

-------------------------------------------------
第一章 友だちになる。

A:あなたのことをなんとお呼びすればいいですか?
B:ミッキーと呼んでください。
A:ミッキーマウスですか?
B:ユーモアがありますね。
-------------------------------------------------


文法的にはまちがってないが、かなり不自然な会話だ。
ミッキーという日本人は、まずいない。 それとも台湾人には多いのだろうか。
どっちにしろ、ミッキーと名乗る人に、「ミッキーマウスですか?」とたずねることもなければ、それにたいして、「ユーモアがある」と答えることも、日本では、考えにくい。



-------------------------------------------------
A:あなたは以前、台湾で学校に行きましたか?
B:そうですよ。
A:あなたは台湾に対して、どんな強い印象がありますか?
B:台湾の庶民料理が好きです。
A:どんな庶民料理が好きですか?
B:煮込みうどんです。
-------------------------------------------------

かなり、あさっての方角を向いている。
「行きましたか?」と聞かれて、「そうですよ」。
「どんな印象がありますか?」に対応して、「庶民料理が好きです」。

実在するのかもしれないが、「煮込みうどん」というのも、非常にそぐわない印象を持つ。
しかし会話は続く。

-------------------------------------------------
A:煮込みうどんは、どんな理由で好きですか?
B:日本のラーメンに似ているからです。
A:あなたの名前を聞くのを忘れましたけど?
B:私は小明(しょうめい)です。
A:小明さんは台湾人ですか?
B:私は台湾の原住民です。
A:なるほど。
B:発音からわかりますか?
------------------------------------------------- ------------------

頭が痛くなってくる。

なんで、ラーメンからいきなり、名前の話になるのか。
ミッキーでよかったんじゃないのか。
そもそも、小明をどう読めば、ミッキーになるのか。

そして、自分のことを原住民という人に、どう応対するのかと思うまもなく、「なるほど」。
あっさりしすぎだろ!

・・・でも、そういうしかないような気もする。 ある意味、リアリティがあるか。

それに対して、「発音からわかりますか?」と、これまた返答に困る追い打ち。
これはBさん、自意識過剰。
日本人には、台湾の原住民とそうでない人の発音なんか、区別つかんよ。

-------------------------------------------------
第二章 携帯電話(けいだいでんわ)

A:現在、何が流行していますか?
B:携帯電話それからMP3とMP4です。
A:現在、そんなにたくさんの物が流行していますか?
B:確かに現在、流行しています。
A:とても安いからですか?
B:はい。
-------------------------------------------------

ほんとかよ!

-------------------------------------------------
A:現在、社会が変わっていますか?
B:そうかもしれません。
A:詐欺師たちが増えていますか?
B:たぶんそうでしょう。
-------------------------------------------------

たしかにね。振り込め詐欺とかね。
でも、「たち」はないなあ。

-------------------------------------------------
A:そんなに普遍的になっていますか?
B:時代は変わりつつあります。
A:なぜ、あるびと(人)は二つの携帯電話を持っていますか?
B:あるびとは仕事に必要だからです。
A:あるびとは?
B:あるびとは同じ電話会社の携帯電話で連絡するのが便利だからです。
A:同じ電話会社の携帯電話で連絡するというのは?
B:同じ電話会社の携帯電話で連絡するということです。
A:どんな意味ですか?
B:同じ電話会社の携帯電話で、もう一つの同じ電話会社の携帯電話に電話するということです。
A:それが同一電話網相互通話ですか?
B:そうです。
-------------------------------------------------

どこの不条理劇だ!
[PR]
by asano_kazuya | 2009-06-24 18:07 |