カテゴリ:BGK( 65 )

4/4のロフトイベント。人前が嫌いなので来ないでくださいとミクシの日記やこのブログに書いてたら、ロフトの方からマイミク申請があった。あまりにも気まずい。

立場上きて下さいといわんといかんのだが、人前出るのつらいんだあ! いたばさみー。

みなさん、チケット買って、来てもらって、俺をみないというのはどうでしょうか。俺、頭おかしいな。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-03-27 12:01 | BGK
夜のゲーム大学4

場所は阿佐ヶ谷ロフト
日時は4月4日夜。

主催は、この三人。
米光一成……「ぷよぷよ」つくったゲームデザイナー。
飯田和敏……「アクアノートの休日」つくったゲームデザイナー。
麻野

それぞれが、約50分のコマで、ゲームにまつわる講義(のようなもの)をします。
おそらく、米光さんはゲームデザイン論。飯田さんは、音楽とゲームの関係の講義。
ワシは、ゲストに高円寺すごろくや丸田店長を招いて、ボードゲームの話を色々聞きます。

すごろくやは、ボードゲーム専門店。丸田店長は以前、チュンソフトの開発部メンバー。シレンシリーズ作ったり、「ホームランド」のディレクターやったりの人で、今は独立して、店長なのだ。当日は、今流行ってるボードゲームの話やら、不思議のダンジョン、ローグの元になったボードゲームの話などをしてもらおうと思ってます。

ちなみに、今回から、イベントのチケット、ローソンで買えるようになったそうな。

こういうのに誘うの嫌いなんで、是非来て欲しいとはいわない。 というか、人前が苦手なんで、個人的には客10人くらいだとうれしい。
けど、そうもいってられないので、一応告知します。他にすることない人は、時間つぶしで、きてもいいんじゃないでしょうか。そのかわり、俺がしゃべってるときは目をつぶっててください。そして、すべて忘れてください。

他の三人はとても楽しい人だよ! 他の三人を見に、ちょっとだけ来てね!
[PR]
by asano_kazuya | 2010-03-18 14:49 | BGK
a0016446_18293669.jpg新しい本出しました。

『スピンドル式 鍛えない脳』(しょういん 米山公啓監修)

脳についての本(『海馬』/池谷裕二、糸井重里 『脳と仮想』茂木健一郎など)を読みながら、漫談してる本です。

その刊行を記念して、来る6月2日(土)(於/青山ブックセンター本店 午後3時~ 参加費500円)、著者3人(麻野一哉、飯田和敏、米光一成)によるトークライブを行ないます。

お時間のある方は、是非お越しください。
[PR]
by asano_kazuya | 2007-05-22 13:28 | BGK
連合赤軍あさま山荘事件の指揮官として有名。
いわゆる危機管理の達人として、テレビや雑誌によく登場する。

-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:「半島を出よ」編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-08-15 12:18 | BGK
「パーフェクトハーモニー研鑽会」という団体。村上龍の本を読み、興味をもち、麻野は2年ほど入会していた。

詳しく書くと長くなるが、簡単にいうと、宗教団体っぽい団体。「ぽいっ」というのは、少なくとも麻野が入会していた間は、ぜんぜん宗教団体っぽくなかったから。

会長の「気」を込めたCDを聞いて超能力を得たり、体の具合を良くしたりするのが主な活動……かな? 強引な勧誘もないし、特に変な修行もなかった。

麻野が入ってる二年の間に、白黒刷りで薄かった会誌が、カラーになり、分厚くなりと、どんどん豪華になっていくのが印象的だった。


-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:「半島を出よ」編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-08-15 12:18 | BGK
a0016446_1304961.jpg明治23年に浅草に建てられた塔。凌雲閣が正式名称。
高さ52メートルで、当時としては驚異的な高さだったらしい。大正12年の関東大震災で倒壊。

ちなみに東京タワーは333メートル、初代ゴジラの身長が50メートル。










-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:江戸川乱歩編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-07-15 12:57 | BGK
高橋留美子のマンガ「うる星やつら」の主人公。

-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:江戸川乱歩編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-07-13 11:22 | BGK
1971年に公開されたアメリカの反戦映画。ベトナム戦争に行った若いアメリカ兵が、手足、目、耳、声をなくして帰還するという内容。

麻野は中学の時に、ラジオ(たぶん、浜村淳)でこの映画のことを知り、恐怖した。確か実話だと聞いた。実際には観ていない。また、今回、ネットで調べてみたが、よくわからない。麻野の探し方がヘタなせいかもしれないが、断片的な感想ばかりで、ちゃんとしたサイトがないのだ。

-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:江戸川乱歩編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-07-13 11:22 | BGK
推理小説の世界での用語のひとつ。

現場に行かずして、書斎の安楽椅子に座り、人の話を聞くだけで犯人を当ててしまう探偵のことをいう。アガサ・クリスティの書いたミス・マープルが代表。

-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:江戸川乱歩編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-07-13 11:21 | BGK
a0016446_1352295.jpgこの事件の頃、麻野は小学生だったはず。リアルタイムでニュースで映像を見てたのか、あとから記憶を編集したのか、ひどくあいまい。で、あえて、そのあいまいな記憶だけで事件の概要を書いてみます。

……1970年ぐらいの日本での事件。革命を志す若い男女が、浅間山の山荘に立てこもった。仲間割れがひどく、お互いにリンチを加えて殺しあった。最後は、機動隊が巨大な鉄球を山荘にぶつけて破壊して、みんなを逮捕した。何人かは今も刑務所にいる。リンチの理由は、おしゃれするとはけしからん、などのバカバカしいものだった……。

なぜ、こもるのが浅間山の山荘だったのか? 単に山荘にこもるだけだったら警察も騒がないだろうに、人質でもとってたのか? ……など、そのへんは、まったく知りません。

-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:江戸川乱歩編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-07-13 11:21 | BGK