カテゴリ:本( 53 )

映画『猟奇的な彼女』を観た。
以前、ある対談で誰かが、「なぜ、日本では『猟奇的な彼女』のような映画が生まれないのか」といっていて、それ以来、気になっていたのだが、なんとなく見ないで来てしまっていた。しかし、ついに今日、観た。

観て、30分。
「これ、ハルヒじゃないか!」

エキセントリックな女子が、男子を振り回す構図が、『涼宮ハルヒの憂鬱』とまるっきり同じだ。
どう考えても、どっちかの作者が相手の作品を見て、影響うけて作ったとしか思えない。

麻野は、ライトノベルは、『ハルヒ』しか読んだことがなくて、かつ、大好きだ。恋愛小説は、仕事で何冊も読んだが、『ハルヒ』に対しては、好き好き3本指に入る愛を感じている。

さっそく、ぐぐったら、『猟奇』原作が1999年。『ハルヒ』2003年。ハルヒの方が後だ。
そうか。『ハルヒ』は、この映画の影響を受けてたのかと思い、他にも気づいている人はいるだろうとおもって、
再度ググったら、やはり出てきた。

これ。


『猟奇』の主人公は、キョヌ。『ハルヒ』の主人公はキョン。
おそらく、作者の谷川流は、影響受けたことをそれとなく表明したくてこんな名前にしたのだろう。

リンク先のコメントには、「韓国人がまた起源主張してる」というのもあるが、これはどう見ても、起源韓国やろう。まあ、起源なんてどうでもいいが。

話戻して、『猟奇的な彼女』は、最後まで見て、とてもおもしろい映画だった。韓国映画はだいたいおもしろいが、これもシナリオ構成しっかりしてるし、サービス精神旺盛だし、おすすめできる映画だった。
後半から、当たり前だが、ハルヒとはかなり違う趣になってくる。
最終的には、全然関係ない作品だ。そして、とてもいい。

また、話を猟奇とハルヒの関係にもどす。
ある作品があって、その中のあるポイントに触発されて、それを別の人間が、別のとても素晴らしい作品を作る。これは本当にいいことだと思う。
『猟奇』と『ハルヒ』は、それが起きたある種の奇跡だと思う。

ハルヒファンの中には、オリジナルが他にあると言われてイヤになるかもしれないが、だいたいたいていのものがそうなので、それはいいんじゃないだろうか。

「影響受けた証拠あるのか」とか言われたら、「まったくない」としかいいようがないが、両者を見て、影響受けてないと思う人間がいたら、麻野はその人の感覚は信用しないわ。というか、2001年時点で、この映画見て、クリエーターが影響受けなかったら、それはおかしい。このキャラやら構図は、かなりインパクトある。

いやあ、いいもん観た。
[PR]
by asano_kazuya | 2015-10-07 01:02 |
a0016446_20473827.jpg日経ビジネスオンラインで、『街場のメディア論』のレビュー書きました。

正直、この本の内容は多岐にわたるので、レビューで紹介できたのは、その一部分にしかすぎません。とてもいい本なので、ぜひ、多くの人に読んでもらいたい。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-11-24 20:49 |
a0016446_1837899.jpgTシャツ作りました。3000円で売ります。

高くてすみません。まだ大量生産できないんで、単価が高くなって。
注文生産なので、作るのにも少し時間かかります。

それでもほしいという方は、
proj.dolittle@gmail.com
まで連絡ください。


あさって14日の電書フリマでも、数枚ですが売る予定です。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-11-12 18:38 |
11月14日に電書フリマが開催されます。

ここに、パブーという電子書籍販売サイトがリアル店を出店し、麻野の書いた『ドリトル先生物語』も出品されます。
もし、行かれる方がいたら、のぞいてみてください。麻野も顔だす予定です。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-11-09 22:37 |
a0016446_12275491.jpg『ドリトル先生物語』を訳し直して、パブーというサイトにアップしました。
今週末までは無料なので、是非、ダウンロードして読んでみてください。

原作は、イギリスの
Hugh Lofting 作の『The Story of Doctor Dolittle』です。

日本では、作家の井伏鱒二の訳の『ドリトル先生アフリカゆき』として知られています。

動物のことばがわかるドリトル先生が、アフリカに蔓延した病気から、おおぜいのサルを救うため、旅にでる物語です。

難破あり、監禁あり、海賊あり。
個性的な動物がたくさんでてくる、楽しい物語です。


これから、さし絵もふえる予定です。
今、ダウンロードしていただければ、さし絵がふえた時点でまた無料でダウンロードできるので、お得です。
ぜひ、今、ダウンロードしてください。
(まだ、このサイトの仕組みを完全には理解してないので、もしかしたら違うかもしれませんが、ま、そのときは無料ということで勘弁してください。)
[PR]
by asano_kazuya | 2010-10-20 12:28 |
部屋がせまいのに本が増えてどうしようもない。
なので、今、とにかく蔵書の処分をすすめている。

1:古本屋行きor廃棄
2:押し入れor裏庭行き
3:スキャン行き

1は完全に手放すパターン。
基準としては、「絶対に手にはいるだろう」という本と「二度と手に入らなくてもかまわない」本。古典なんかは前者。廃棄か古本屋かは、こっちの都合ではなく古本屋の都合で決まる。

2は捨てるに捨てられないパターン。
「資料的なもの」と「思い出的なもの」。
「ふいんき語り」で使った本、ゲーム関係本などは前者。後者は、旅先で手に入れた本とか、自分が掲載された雑誌など。知人からの寄贈本なんかも捨てづらい。
これが増えると、書棚はすっきりするが、あまり意味がない。

3は業者に頼む。いつか再読したいけど、本で置いておく必要はないもの。
これはとてもいいのだが、なんだか寂しい。iPad とかキンドルを手に入れて、その中にぶちこめるようになれば、寂しさは消えるのかもしれないが、今はHDの隅に眠ってる。それが寂しいのかもしれない。


消去法で捨てようとしてるからダメなんだろうなあ。
「この観点から残したい」、「記念になるから残したい」、「レスペクトしてるから残したい」という網の目に、どんどんひっかかるんで、なかなか「よし、手放す!」まで行かない。

「なかったら困るものだけを残す」にすれば、かなり減るだろう。きっと。百冊くらになるんじゃないか。しかし、そこまで踏ん切れない。

服なんかは、着ないのはあっさり捨てられるんだが、本は厳しいわ。
あと、なんでかしらんが、活字よりマンガが捨てづらい。
自分の中では、活字よりマンガの方が価値が高いんだろうなあ。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-08-26 13:45 |
a0016446_17172777.jpgこの1万年の間も、人間は生物としてバンバン進化してまっせ、という本のレビュー

しかも、民族や地域ごとに進化の仕方がちがう、ということも書いてある。

つまり、「○○人は足が速い」「××人は頭がいい」「△△にすむ人は、ケチ」とか、そういうことが事実としてあり得るのだと、ということを言っている本。

今まで、建前としてそういうことはいっちゃいけないことになってたので、これはかなり衝撃的だ。オリンピックとかかなり存在意義がややこしくなりそう。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-08-25 17:22 |
a0016446_1712188.jpg下の方で年金のことを書いたときに引用はしたが、単独紹介は忘れていたので、改めてここに掲載する。1年以上まえのものなので、いまさら感はあるが。

ちなみに、最近また、「やっぱり年金はやばい!」という本が増えてきた。直下の記事の著者の野口由紀雄もその一人で、最近出した『日本を破滅から救うための経済学』でも継承をならしている。また、鈴木亘『年金は本当にもらえるのか?』という本もある。

前に書いたように、野口悠紀雄が言ってるのは、ちょっと違うように思うのだけど、『年金は本当に~』は、まだチェックしてない。アマゾンのレビューを読むと、左の本を真っ向から否定しているらしいので、是非読んでみたいと思っている。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-08-25 17:01 |
a0016446_16545732.jpgかなり前に書いたレビューだが、ここにあげるのを忘れていたので、あげておく。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-08-25 16:56 |
a0016446_1647253.jpg少し前ですが、『社会学入門』のレビュー書きました。
著者が同年代なので、とても親近感を持った本です。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-08-25 16:47 |