<   2004年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

悲しんでも仕方のない悲しみは早く風化させたいので、とにかく、このブログを埋めることに専念する。こういうときは、ボヤキに限る。というわけで、ぼやく。

読売の渡辺はいったい何様だと思ってるのだ。

ワシは生まれが阪神沿線なのでタイガースファンであるが、アンチ巨人ではない。特に東京に来てからは、サンTVがないので、野球をみるといったら巨人戦ばっかりになり、知らないうちに巨人の選手もだいぶ覚えてしまった。

覚えてしまうと親近感もわく。不思議なことに、清原といい桑田といい、巨人の選手は関西出身者も多い。今は太平洋の向こう側に行ってしまった松井も、元々は阪神ファンだった。

そんなこんなで、ディープなタイガースファンには嫌われそうだが、巨人の選手が活躍すること、それ自体は楽しみになっていた。たとえば、桑田がホームランを打たれた瞬間、背中ごしに打球を追う顔は、「見返り桑田」と珍重して、いつも楽しみにしてきた。また、清原が空振りするたびに、「いいぞ、番長!」と大声を上げてはやし立てたりもしてきた。

大量の札束でスター選手を買うという巨人の体質は、たしかに好きではなかったが、まあ、資本主義の世の中やから、しゃあないわなあ、ぐらいに思っていた。色々ひっくるめて、オロナミンCに卵をいれて飲み、吐きそうになるくらいには、ジャイアンツにも親しんできたのだ。

しかし、しかし、この一連の1リーグ制うんぬんは、いったいなんや!

大体が、や! 近鉄が球団名を売りに出した時点で、経営が相当せっぱつまってたことはわかってたはずや。近鉄も、しとうて言い出したこっちゃないやろう。それをやめさせといて、今度、合併となるとあっさりオッケー。ワシは、この話を始めて聞いたとき、渡辺が球界全体で資金援助する話でも持ち出すかと思ったが、甘かった。このオッサンを、見損なってた。

それで、合併したら5チームやのに、どうするんやと思ってたら、また合併話。でもって、1リーグ。誰がどうみても、怪しすぎる。話がトントン、トントン行き過ぎやろ。もちろんファンも選手も寝耳に水やろう。でもまあ、ここまでやったら、まだ気分悪いくらいですんだ。ワシが本気で腹立ったのは、選手が異議を申し立てたことに対して、渡辺が「選手の分際で」といったことや。

もっかい、書く。お前はいったい、何様や。ええ! クソ渡辺。

そのあとはもう、怒涛のようにむちゃくちゃ。ワシは、特にライブドアという会社が好きなわけではないが、それにしてもあの言い草(「うさんくさい会社」)はないやろう。阪神が「もう少し考えよう」と提案したら、「不愉快」(これは渡辺本人の言ではないが)とは、いったいお前はどこのバカ殿や。どこの北朝鮮の元首や。

(ちなみに、阪神のフロントは、ずっと大嫌いやったが、今回のことでずいぶん見直した)。

近鉄のおっさんも、クソ渡辺とどこまで何を約束したんや。ライブドアに買うてもうたら、存続できるやないか。ファンと伝統を考えたら、しのごのいわずに、まずは存続させえよ。それからでええやないか。

古田、がんばってくれ。お前が阪神にいてくれたらと思うこともあったが、そんなことはもう、すべて水に流す。お前が宣伝するメガネ、なんとかメトリクス。前々から買おうと思って、いつもどこに売ってるかわからんから買えんままに何年もたってるが、今度こそ調べて買う。そのメガネかけてフットサルしてヘディングして、「あーあ、やっぱりメガネかけてサッカーは難しいなあ」とグチをこぼすことを約束するから、頼むから、ストライキをやりまくって、渡辺を困らせてくれ。

昔から世界史の教科書で、「憤死」という単語を見かけるたび、意味がようわからんかった。「なんとか教皇が獄中で憤死」というアレや。憤って死んでしまうとは、具体的にはどういう死に方なのか、いまだにわからん。イメージとしては、「ブヒーッ!」といって、こめかみの血管が切れて血がドバーッ!ってなって死ぬのか? そんな感じか?

今こそ、今こそ憤死を見たい。憤死がどんなものか、知るときが来たのだ。なぜなら、この世でもっとも憤死が似合う男が現れたからだ。

それは渡辺。お前や。

このブログを見てるみんな(そんな奇特な人がどれくらいおるかわからんが)!

さあ、渡辺を憤死させよう。みんなで、モノホンの憤死を見ようやないか。日本中の野球ファン、野球を愛する人々、渡辺の憤死を見ようやないか。

読売新聞の購読をやめよう。駅でも買うのはやめよう。報知新聞も放置しよう。巨人戦は見ないようにしよう。選手は巨人戦のみストライキをしよう。鉄道関係者は、後楽園周辺の駅はすっとばそう。オロナミンCは飲むのを……やめんでいいか、新庄と上戸とペは関係ないか。巨人の選手とファンには暖かく、でも渡辺には冷たく。そうやって、とにかく、クソ渡辺を困らせよう!

はあはあ……。これだけ書いたら、昨日のこと↓は、忘れられるかな。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-28 23:27 | 身辺雑記
早すぎるよ。
いつか、もっとワシがえらくなったら、一回話したいと思ってたのに。

ひーん。がっかりやー!
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-28 00:05 | 身辺雑記
 感想を少々。


 「柄谷行人のいってることの意味がわからない」、「竹田青嗣のいってることは、意味はわかるが、そんなに重要か?」、「ラカンがどうした!」などなど、難解な文章を書く思想家を、「生活するのに何の意味もない」と切り捨てて行ってる本。著者は、七面倒くさい思想なんぞ、役に立たないという。

 読み物としてはおもしろいが、疑念もわく。気持ちはわかるが筋違いな気もする。

 ある思想家が三島由紀夫のことについて論じる。「仮面の告白で、三島由紀夫は平岡公威殺しをやっている」と。しかし著者はいう。「そんなことは自分の人生にとってどうでもいい。それがどうした」と。気持ちはわかる。確かに、麻野にとってもどうでもいい。しかし、これはもう、人それぞれとしかいいようがない。たとえば、野球の好きな人間はある試合の結果についていくらでも論じることができる。巨人の桑田の7回の裏の第2投目がどんな意味を持っているかについて、飲み屋で1時間でも講釈をぶてるファンもいる。その人にとっては、それが楽しくて仕方がないのだろう。また、それを聞いて勇気がでる人もいるだろう。しかし、興味がない人間には、ホントにどうでもいい。それと同じだと思う。

 思想と野球が違うのは、野球は普遍性がないが思想はあると思われていることか。そして、やっかいなことに思想の場合、意味がわかるには野球より知性がいると思われている。そのため「わからない=バカ」になり、そのことに劣等感をもってしまうような仕組みになってる。その辺が、著者の苛立ちの元なんじゃないかと思う。

 著者自身、蓮見重彦の「思想」は難しくてわからないが、彼がスポーツを論じている本に関しては絶賛している。ということは、やっぱり蓮見重彦はすごいんだろう。ものごとの見方というのは、その人のセンスが反映する。それは野球でも思想でも変わるまい。おそらく本人はどっちも分け隔てなく評論してるのではないか。ただ、片方は著者に理解できて、片方はできない。あるいはつまらない。それはもう仕方がないとしか言いようがない。

 だいたい、自分にピッタリの思想というのは、自分で考えるしかないのではないか。人が言ってる事を聞いて、「それは違う」とか「黙ってろ」というより、「自分はこう」という方が早い。この本でも、著者が他人の悪口を書いてる部分は、面白い反面、いやな気分もする。それより、本人が賞賛する「ホッファーの生き方」について自説を述べている箇所の方がよほど魅力的だ。読んでて感動する。

 ただし、「みんな忙しくて、そんなに重要なこと(民主主義、従軍慰安婦、税制、世界平和、シニフィアン、リゾーム、ナショナリズムなどなど)ばかり考えてるヒマなんかない」という著者の意見にはほぼ全面的に賛成する。ただ、その論を推し進めると、民衆は愚民なので貴族による統治がよいのだという結論になりそうな気もするので、難しいところだけど。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-21 08:08 |
「M2 われらの時代に」宮台真司・宮崎哲弥

「現代日本の問題集」日垣隆

「反社会学講座」パオロ・マッツァリーノ

「オブジェクト指向でなぜつくるのか」平澤章
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-18 13:56 |

80年代に一世を風靡した漫才ブームの時の漫才コンビのひとつ「紳助竜介」の一人、松本竜介。コンビ解散後は、竜助に改名……って、そんなことしてたんだ! いまネットで調べたんだけど、ぜんぜん知らなかった。そういえば、今後、マドンナも改名するそうですね。カバラに傾倒しているらしく、ユダヤ名の「エスター」とかいう名前にするそうで……以下略。


-------------------------------------------------------------------------------
*7月15日アップ「BGK:人間失格」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-14 15:47 | BGK
いまいち理解していないのだが、ブログの機能のひとつ。たとえば、私のこの文章に対して、「つまらんぞ!」といいたいAさんがいたとしよう。それも、ただ言うだけじゃなく、自分の(Aさん)のブログでも明示したい、というときに使う。

……で、いいのかなあ。自信ないので、詳しくは、ググってください。あ、ついでに言っておきますが、麻野の脚注は適当なことしか書いてないので、全般的に本気にしないでください。


-------------------------------------------------------------------------------
*7月15日アップ「BGK:人間失格」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-14 15:47 | BGK
麻薬などをやっている人間におとずれる症状。麻薬をやると、しばしば幻覚や幻聴が訪れるが、やっていないときでも幻覚や幻聴がお越しになったり、また、もう足を洗って何年もたつのに、突然、また襲ってくることがある。これらをフラッシュバックと呼ぶ。

麻野はまだフラッシュバックの経験はない。自分の発言だったので、自分で脚注をつけているが、もしかしたら飯田さんに任せた方がリアルな話が聞けたかもしれない、と少し後悔している。


-------------------------------------------------------------------------------
*7月15日アップ「BGK:人間失格」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-14 15:46 | BGK
漫画家。代表作は「しあわせのかたち」、「幽玄漫玉日記」など。

「しあわせのかたち」は、ファミ通で連載していた漫画。元々は、ドラクエ2のキャラクターを使った、可愛い絵柄の漫画だったが、単行本の5巻あたりから暗黒舞踏ネタや自虐他虐おりまざった「しあわせのそねみ」シリーズが始まり、どんどん作風が変わり始める。「幽玄漫玉日記」にいたっては、精神錯乱と自虐が入り混じった、間違いなくオンリーワンの世界を作り上げている。

個人的には、自分が開発に関わった「トルネコの大冒険」をネタにした「トル玉の大冒険」というマンガを描いてくれてたのでスキというのもあるが、それを除いても、この人の感覚は自分にあまりにもマッチしていて、読めば読むほど癒される。

最近は、ビームという雑誌の広告用4コマだけを集めた単行本を出した。前代未聞ではないかと思うが、非常に完成度高し。

中年になって笑うことが減った自分にとって、こんなに笑わせてくれる漫画家は、数少ない。読めてしみじみ幸せと思える漫画家の一人である。不健康でいいので、いつまでも長生きしてください。


-------------------------------------------------------------------------------
*7月15日アップ「BGK:人間失格」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-14 15:46 | BGK
最近、「プログラマが足りないので、誰か紹介してほしい」という
メールがあちこちから来る。それで、色々、知り合いをあたってみるが
まったくもってどこもあまってない。人手不足なのだ。

去年までは逆で、「仕事ないですか」というメールがよくきたのに、
えらい様変わりだ。景気が回復してきているからかもしれない。

個人的な印象として、ゲーム業界は景気の波が他の業界に比べて
おそくやってくる。平成不況も、実感しはじめたのは、
せいぜいこの4,5年くらい前からだった。

その理屈から行くと、現在の景気回復がゲーム業界に影響をあたえるのも、
あと4、5年は先になるはずだ。しかし、なぜかプログラマだけは
先行して景気が回復している。

プログラマというのは、基本的に仕様書さえしっかりあれば、内容を問わず、
仕事ができる。だから、「ゲームの仕事だけではなく、ビジネスもしますよ」
というプログラマも元々多いし、仮に、ゲーム専門だったしても、ちょっと頑張れば、
横滑りが可能だと思う。すくなくとも、他の職種(絵描きや企画)よりは。

そう考えると、比較的景況の波がおそく訪れるゲーム業界の中で、もっとも
敏感に影響をうける職種がプログラマだというのは、合点がいく話だと
思っている。

単純な話、つぶしの効く職種がもっとも食いっぱぐれが少ないという
ことなのかもしれない。そういう意味では、ゲーム開発の職種では、
プログラマ、音楽=絵描き、企画の順でどんどんつぶしが利かなくなると。

この話題、あんまり深追いすると鬱になる気がしてきたので、この辺で。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-10 12:21 |
最近、キングクリムゾンがマイブームで、毎日聞いてる。

こう書くと、もともと聞いてた男が最近、CDをまた引っ張り出してきたみたいに読めるが、実はそうじゃない。

高校生のころだから、もう20年以上前だ。そのころから、いつか聞こう、いつかレコードを買おう、いや「麗紅堂」で借りようと思いながら、結局40をすぎてしまった。

エピタフを始めて聞いたのが17のとき。それから1回か2回、どこかで聞いて、「ああ、これはまさしくクリムゾン、いつか、いつかレコードを買おう。オレ、この曲すきなんだよなあ」と思いながら、40すぎました。

この前、ついこの前、さすがに買おうと店(それも中古屋)いって、なくて、しょうがないからレッド買って、「これもいいけど、やっぱ宮殿かわないと……」と思って、やっとかいました。ファーストアルバム。

いい……。エピタフ。いい、21st century スキゾ男。 もう、毎日きいてます。もっと早く買えばよかった。

じじいになってから、高校の卒業式をするやつの気持ちが、すこしわかりました。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-07-08 00:42 | 身辺雑記