<   2004年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ゲームの「かまいたちの夜」と「バイオ・ハザード」を混ぜたような夢を見た。

ぼくは「かまいたちの夜」の主人公の透(とおる)役。恋人の真理と一緒にどこか山の上のお屋敷に宿泊している。田舎の旧家といった感じの大きなお屋敷で、古いが歴史を感じさせる。といっても、いかめしい塀や門はないので、気さくな庄屋さんの大きな家といった感じ。

そのお屋敷は、ちょっとした小山全部が敷地で、ふもとから急な坂道を、えっちらおっちら登っていくと屋敷の正面に出る。その坂道、上りは5分、下りだと2分くらいの距離。この小山、お椀を伏せたような形で、その他に高い建物もないので、ふもとの町から見上げると、この坂を歩く人の姿を見ることができる。

屋敷には大きな裏庭があって、玄関から見て左側からぐるっと屋敷の裏側にまわっていける通路がある。防犯上、その通路の途中にカギのかかる鉄の柵がある。右側からは、崖がせまっていて裏には行けない。

ここまでは、横溝正史の世界に透と真理が迷い込んだような設定だが、途中からいきなりゾンビが登場する。詳しいことは忘れたが、裏庭にゾンビがいたのだ。ぼくと真理は、なぜか当然のごとく所持している銃で、ゾンビを退治しようとするが、歯がたたない。増殖するゾンビからのがれるため、表に出る通路に逃げ込み、鉄の柵を閉じる。カギをかけると、もうゾンビはこっちへやってこれない。

とりあえず、これで一安心。他に裏庭から、表に出る方法はないので、しばらくはもつ。

やがて屋敷の表に面した部屋では、あとからやってきた宿泊客が酒盛りを始める。「こんなことでいいのか、のん気すぎないか」と、ぼくと真理はヤキモキするが、逃げた方がいいと強い態度に出られない。真剣に「ゾンビがいます。逃げてください」といった瞬間、笑われるか、みんなから「それ、おもしろくないよ」などと言われそうな雰囲気なのだ。

だが、酒盛りの喧騒にかき消されがちだが、屋敷の奥では、ミシッ、ミシッと何かが壊れるような音が、ひっきりなしに聞こえはじめる。

ぼくと真理は、さっき逃げてきたばかりなのでゾンビの怖さを知っている。最初は何とかして他の客に真意を伝えようと努力するが、ついにあきらめて自分たちだけで逃げることにする。坂を2,3分で下りて、そこからぐるっと小山を裏に回れば、5分ほどで駅につく。そこから電車に乗れば、逃げおおせる。

ぼくは先に逃げることに罪悪感があるから、「ゾンビ、銃で撃てばやっつけられますから」などと他の客に気休めをいってから、屋敷から出る。道端に他の客のとめた車があるのが目に入る。坂道を下りながら、「映画だと、ふもとについた途端、山の上に異変が起きたりするんだよな」と真理に話しかけたりする。

坂を下りきって、大通りにでる。人の姿はあまりない。しばらく大通りを歩いて、細い道にはいる。こちらの方が駅に近道なのだ。その細い路地から屋敷のある小山全体が仰ぎ見える。

案の定、「ボンッ!」という何かが弾けるような音がして、屋敷から煙が立ち昇る。おそらく、ゾンビのせいで騒動が起き、ガスボンベかなにかに引火したのだろう。

やはり逃げてよかった。今からゾンビが屋敷を出てきたとしても、これだけ離れていれば、安心だ。ゾンビがふらふら駅に着く頃は、もう自分たちは町にはいない。
……そうだ、そろそろ、坂を下って逃げてくる人や車が見えるのではないかと考えていると、とんでもないものが坂を下ってきた。

ゾンビだ。それも巨大な。7メートルくらいある。逃げ遅れた客を食って巨大化したのだろうか。しかも変異体で、まるで上半身が蜘蛛になったような不気味な姿だ。それが、ものすごいスピードで駆け下りてくる。

身長が普通の人間の4倍くらいある者が全速で坂を駆け下りる姿を想像して欲しい。少なくとも時速40キロはある。このままではすぐに追いつかれる。

「走ろう!」
そう言って、真理を先に行かせて自分も走ろうとする。しかし、夢でよくあることだが、水中を走るみたいになって、足が前に進まない。

恐怖に襲われながら、後ろを振り返る。
狭い路地の向こうに大通りが横に伸びている。その大通りを、坂道を下りてきたゾンビが走り抜けていった。
ほっとした。この細い道に気づかなかったようだ。

そして、もう一度屋敷の方を見る。
なんと、先ほどとは形の異なった、しかしどれもが巨大なゾンビが、次から次へと坂道を猛スピードで駆け下りてくるのだ。

時間は夕方が終わる頃。薄明るい曇り空を背景に、ゾンビの姿は暗いシルエットになっている。そんな影絵のようなゾンビが、まるでビデオの早送りのようにせかせかと足を動かしながら坂道を下ってくる。

ぼくは、自分があのゾンビの歯牙で体を引き裂かれることを覚悟した。

ここで、目がさめた。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-08-26 15:08 | 身辺雑記
1:ツイてる!                  斉藤一人
2:日本経済完全復活の真実        斎藤精一郎
3:三角館の恐怖               江戸川乱歩
4:賢帝の世紀 ローマ人の物語Ⅸ    塩野七生
5:宮澤賢治殺人事件            吉田司
6:「わかりやすい文章」の技術       藤沢晃治

1:最高納税者の本。CDがついていて著者の声が聞けた。ちょっと談志に似てた。

2:現代のグローバリズムは2度目で、1度目は汽船を中心として起きたという話が興味深かった。

3:あいかわらず身体障害者差別のひどい本だと思った。

4:賢帝だとドラマ性がなくてつまんない。

5:宮澤賢治は、金持ちのボンで、仕事がきらいで、本音では農民をバカにしつつ、それでも貧しいから助けてやろうとするが、逆にけむたい目でみられた上にトンチンカンなことしかしないので失敗して、その上結核で、それがばれるのをおそれつつ、自分の空想世界に逃げていたということがよくわかる本。
ヘタをすると、宮澤賢治のやったこと、すべてが脳内○○ということで終わってしまいかねない。

6:読点の打ち方は勉強になった。
最初から最初まで、ほとんど脱線のない、ロボットの書いたような文章だが、2箇所だけ、客観性のないことと自分の悩みが書いてあって、ものすごく印象にのこった。
ひとつは、「私の書いた前著のおかげで、変な文章が減った」とマジでかいてるところで、もうひとつは、「若い頃、自分が冷淡だということに悩んだ」との告白のあるところ。
ここでまとめて読んでも何も面白くないが、この本をずっと読んできて、突然このような記述にあうと、愉快このうえない。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-08-25 18:37 |
「謎」ということばがある。
この前歩いていて、この言葉の語源は、「何だ」じゃないかと思った。

なぞの「ぞ」は、「誰ぞおらんか?」の「ぞ」で、「何ぞいな?」の「ぞ」。
「行くぞ」とか「やるぞ」の「ぞ」かどうかは、わからない。

なぞの「な」は、「何(なに)」の古語じゃないだろうか?

昔、「彼(かれ)」のことは、「か」と呼んだ。
夕方のことを「大禍時(おおまがどき)」とか「かわたれどき」とかいうが、「かわたれどき」は薄暗くなって、向こうにいる人が誰かわからないので、「彼は誰(かはたれ)?」といったことから来ているという。

これと同じように、「何」は「な」と呼んだのではなかろうか?

で、「何だ」の意味で昔は「なぞ」といっていた。
そして、不思議なこと、おかしなことが起きると、「これもまたひとつの『何だ』だな」というような意味で、「これもまたひとつの『なぞ』なり」とかいってて、そのうちだんだん普通名詞に転化していったと。

そこに、しな(←なぜだか変換できない)から「謎」という漢字がはいってきて、ミステリーを意味する「なぞ」という音とくっついたと、いうのではなかろうか。

えてして、こういう根拠のない想像は、まったく的外れだったりするがな。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-08-20 09:53 | 身辺雑記
a0016446_12153533.jpg
←こういうの。

江戸時代の浮世絵のうち、顔を大きく描いたもので、もっと顔だけ強調したのは「大顔絵」ともよぶそうです。

ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」に影響を受けた江戸の浮世絵師が、上半身だけの絵を描き始めたのが始まりで、東西の文化融合のひとつの形といわれています(ウソ)。

今は「小顔」がブームですが、むかしは舞台映えするから、大きい顔の方がカッコよかったんですね。また何百年かしたら、大顔がブームになるかもしれませんから、顔のでかい人も大顔遺伝子を絶やさないようがんばりましょう。



-------------------------------------------------------------------------------
*8月16日アップ「BGK:ダヴィンチ・コード」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-08-15 12:16 | BGK

これ、なんで笑ってるのか、この座談会だけだとおそらくわからないと思います。もし、この「ダ・ヴィンチ・コード」を読んだら、もう一度、ここを読んでみてください。米光さんのコトバと合わせて、アホらしいこと間違いありません。




-------------------------------------------------------------------------------
*8月16日アップ「BGK:ダヴィンチ・コード」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-08-15 12:16 | BGK
「聖書の暗号」というのは、聖書の中に、すべての人類の未来が予言されているという趣旨の本ですが、その内容は、「ノストラダムスの大予言」の五島勉もビックリのこじつけのオンパレードです。

旧約聖書というのはヘブライ語で書かれています。ヘブライ語というのは、子音のみで記述され、母音がありません。たとえば、「こんにちわ」は、「knntw」になるのです。

つまり、
「こんにちわ、毎日暑いですね。おなかを出して寝ていたら、風邪をひいてしまいました。こんなバカは私だけですが、ご自愛ください」という暑中見舞いは、
「knntwmnttdsnnkwdstnttrkzwhtsmmstknnbkhwtsdkdsggjkds」になるのです。

たとえば、もし、明日、こんな事件が起きたとします。
「台湾問題が勃発。その影響で、なぜかNTTの株がストップ高!」

この事件、実はこの暑中見舞いで予言されているとしったら、みなさんは驚くでしょうか? 「聖書の暗号」風に、やってみましょう。

knn (twmn) ttds nnkwd (st) (ntt) rkzwhtsmm (st) knnbkhwtsdkdsggjkds

twmn は、台湾問。ntt はNTT。st はストップを意味します。2回でているのは、強調の意味です。

ほらね。すでに書かれているでしょう?

この暑中見舞いは、まだまだ予言します。
たとえば、いつかそのうち、ニュージーランドでテロが起きたら、今度は下のように1行を17文字にしてみましょう。
そして、7文字目をタテ読みすると……。

knntwm n ttdsnnkwds
tnttrk z whtsmmstnn
bkhwts d kdsggjkds

なんと、「NZ(ニュージーランド)で、Dead (死者)」と読める。

え? なんで17文字にしたり、7文字にしたりするのかって? その数字はどこからきたのかって?
そんなの、その日が7月17日だったとか、平成17年だったとか、陰暦で7月だったとか、7人死んだとか、グリニッジ天文台では7時だったとか、事故の飛行機のナンバーが717だったとか、事故が24日だったけど、7はカバラの数字で引いたら17になったとか、救急車に119番したんだけど、それを素因数分解したら、7×17だとか、いっくらでも、話にからめられますよ。


どうです? 「暑中見舞いの暗号」。
おそらくこの暑中見舞い、人類の滅亡まで何万年でも予言します。後づけで。
まさに永久保存版です。




-------------------------------------------------------------------------------
*8月16日アップ「BGK:ダヴィンチ・コード」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-08-15 12:14 | BGK
「つじつまのあわないこと、その1」は「誰でもわかる問題がでる」ということでした。

たとえば、クイズでも、「電池のつなぎ方のうち、直列つなぎともうひとつは何?」とか、「王選手の得意な楽器は?」とか、ある程度知識がないと解けないものだと、懸賞にしても問題ないと思ってました。正解者が少ないから。

ところが、たとえばその月に藤子不二夫の「オバケのQ太郎」の連載がはじまってたとしましょう。みんな知ってるんですよ、そのことは。なのに、「今週から登場したマンガは『オバケの○太郎』です。さて、問題。○の中には何がはいるでしょう」などという問題が懸賞になったりするんです。

『子供だと思ってナメてるのか? いや、そんなことはないだろう。でも、ほぼ100%の正解率だぞ。みんなに賞品をあたえる気なのか? マジ? もうけはどうなってるんだ? 慈善事業もするのか出版社は』

……と、これまた悩んでいたら、こういうのはたいてい、「正解者の中から抽選」ということになってると知りました。なるほど、それなら全員が正解しても、出て行く金ははじめから限られてるので安心です。ビジネスとして成り立ちます。
(しかし、こんな簡単な問題にするくらいなら、最初から単なるくじ引きにすればいいのにというナゾは残りましたが……)

次につじつまがあわないと感じたのは、「切手同封」と書かれてない懸賞があると知ったときでした。これだと、「切手の換金」というワシの最大のポイントが生きて来ません。

しかし、その頃、子供のワシは、なんかもう考えるのが面倒になってきてました。でも、せっかく思いついたアイデアを否定するのもいやだったので、「多分、消印の押してある切手も、出版社と郵便居の間で契約があって、半額くらいで引き取ってもらえるんだろう。送ったハガキの切手をはがして金にするんだ、多分」ということで、自分の中で折り合いをつけることにしました。

それで、もういいや。それでよし、と小学生生活を満喫してたんですが、そのうち、もうどうしようもない場合があることをしりました。
それは、「回答者にもれなく当たる」と、「そもそも切手をはらなくても送れるハガキ」の登場でした。

お手上げでした。こんなの、もうけゼロじゃん!

しょうがないので、おかんに聞いたら、「懸賞品があったほうが、雑誌が売れるから」という、ものすごくまっとうな答えでした。懸賞品の損は、最初からコストとして組み込んであったのです。

聞いてしまえば、たいしたことない話ですが、なんだかつまんない答えでした。
オレは、懸賞クイズ単独でも、出版社にもうけていて欲しかったんです。
ピュアなビジネスでいてほしかったんです。
でも、客寄せパンダに過ぎなかったわけですよ、懸賞は。あーあ。


こうやって、子供の魂はよごれていくのでしょうね。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-08-13 19:50 | 身辺雑記
大人になって、そのカラクリを知ってしまえばどうってことないんだけど、子供の頃、すごく不思議なことがいくつかあった。

そのひとつが、雑誌の懸賞。

たとえば、小学校の頃、「小学三年生」とか「小学四年生」とかっていう雑誌を講読してたんだけど、毎月、なにかしら懸賞品があった。クイズに答えると、賞品があたる。

今はもうはっきりとは覚えてないけど、たとえばそれはマグネット式のカギのついた筆箱だったり、あるいは匂いのする消しゴムだったり、もっと高いのになったら、何段ものギアがチェンジできる自転車だったような気がする。

とにかくそういった品物を、「なんで本を出しているところは、そう気前よく読者にプレゼントしてしまうんだろう?」と、これがすごく不思議だった。

出版社――というコトバは、その頃は知らなかったけど――にとって、何かメリットあるのか? もちろん商売でやってるんだから、何か儲けがないと絶対にやるはずがないと、子供ながらに思ってた。単なる親切のわけはない、と。

それとも、もしかしたら、みんなだまされてて、ホントは誰も当選してないのではないかとも疑ったが、大人というのはそこまであからさまにウソはつかないというのも、なんとなく気がついていたので、これはすぐに却下した。

子供のワシは、ない知恵を絞ったんですよ。これはきっと何かある、と。で、一応自分なりに納得のいく結論が出た。

ああいうクイズの懸賞には、決まっていつも、「50円切手を同封の上、解答を送れ」と書かれていた。「ん? 切手……? なるほど! わかった。これか。これが欲しかったのか、出版社は!」と、納得したのです。

つまりこういうことだ。

1:クイズ募集する
2:切手が一杯集まる
3:集まった切手を換金する。
4:その金の一部を賞品にする。
5:あまった金は(゚Д゚)ウマー

これで、謎はとけた!
さすが大人。やることが巧妙だ、と思ったのです。

しかし、しばらくして、これだとつじつまが合わないことがつぎつぎと出てきました。

                                  つづく
[PR]
by asano_kazuya | 2004-08-12 16:25 | 身辺雑記
最近、RSSというのが、いいらしい。
RSSリーダーというのがあるらしい。

これをつかうと、あちこちのサイトの更新を勝手にチェックして、メールみたいにしらせてくれるそうな。

色々見ると、ワシが普段つかってるベッキーというメーラーにプラグインできるのがあったので、喜んでいれてみた。
が、どうも文字化けして、話にならない。

なにやら、もう少し勉強が必要なふんいき。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-08-12 01:00 | 身辺雑記
今朝、布団の中でうつらうつらしていて、気づいた。悲劇や喜劇というコトバはあるが、怒劇(どげき)というコトバはない。

あってもいいと思うんだけどな、怒劇。笑いを誘うのが喜劇で、涙を誘うのが悲劇なら、もちろん、怒劇は怒りを誘う。既存の映画やドラマ芝居だと、社会批判物なんかが怒劇になるんだと思う。「ゆきゆきて神軍」(漢字等、適当です)とか。

でもあれかな。カタルシスというか、スッ!とした感じがでにくいのかなあ。泣いたり笑ったりって、ある種の爽快感があるけど、怒りって、やり場がないのかなあ。現実を生きていてやり場のない気持ちを、ドラマや映画の非日常でスッとさせるわけだから、やっぱ成立しないかなあ。怒劇。

でも、コトバとしては有効な気がするんだけどなあ。ニュースキャスターが、よく、「この事件は、悲劇としかいいようがありません」とか、「今国会の茶番ぶりは、怒りを通り越して、喜劇的ですらあります」とか言ってるけど、もっとはっきり、「ひどい事件です。まさに怒劇!」と断言したら、なんか力強い。

……以上。寝ぼけ頭だとロクなことを考えないのコーナーでした。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-08-10 13:00 | 身辺雑記