<   2004年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

昨日おとといと、12CHのWBSで、ゲームの特集をしていた。そこでいってたのが、「日本もネットゲームの時代が来る。もうすぐ来る」というもの。

韓国でネットゲームが爆発的に流行ったせいもあり、いずれは日本もすごいことになるという話は、ずいぶん前からあった。10年ほど前は、麻野も同意見を持っていた。

ゲームは、平面からポリゴンの立体表現へと進化してきた。次は、ネットによる対人型のゲームの時代がくる。これが来ると、ファミコンブームやPSブームの時のような大波が、ゲーム界を襲う。といったことを割と素直に思っていた。

実際は、、それから何年もたっても、マリオやドラクエのような騒ぎにはならなかった。でも、それも、不景気や、パソコンの普及率、ネットの値段の高さのせいだと思ってた。いつかその辺がクリアしたら、ネットゲーの時代が来ると、ずっとしつこく思っていた。

しかし、来ない。

確かに、UOやFFなど、はまってる人間はいる。しかし、マリオ、ドラクエのような社会現象とは比べ物にならない。むしろ、それに比べていいデジタル系エンタテイメントをあるとしたら、それは間違いなく携帯電話だ。日本では、PSの次のエンタメ機は携帯だ。

ここに来て、さすがに麻野も、ネットゲーの爆発的ヒットに対して懐疑的になってきた。というか、最近は、そんなもの幻想で、こないのではないか? とさえ思っている。

WBSを見てたら、光栄もソフトバンクも、おそらく他のゲーム会社の人も、みんな、「いつかはネットゲーの波がくる」ことを信じようとしているように見えたが、それって、ユダヤ教の救世主を待つ姿勢に似てる。つまり、一種の信仰にすぎない。

「日本でもネットゲームが流行る」という人は、いつも韓国のことをとりあげる。韓国で流行ったんなら、日本でも流行るだろうという理論だ。しかし、個人的な意見にすぎないが、麻野は、あれは、「ネットゲームが流行ったんじゃなくて、ネットゲームが流行った」んだと思ってる。あの時期、韓国でゲームが流行るのには、時代の必然性があった。そしてそのゲームがたまたまネットだったというだけだと思ってる。日本でゲームが流行ったのがパソコンでなく、家庭用ゲーム機というのは、諸々事情があったにしろ、大きな目でみたら、偶然だったと思う。それと同じ。

世界的に、タイミングや環境はそれぞれ異なるにしろ、ゲームというものが娯楽のひとつとして、ある時期、一度はどんな国でも「爆発的に流行して、定着する」という軌跡をたどると思う。で、アメリカではパソコンやアタリでスタンドアローン。日本だと家庭用ゲーム機でスタンドアローン。韓国ではパソコンでネット。という風になった。諸事情により、偶然。

これは歴史のイフだが、もし、韓国が日本の文化流入を阻止するということをしていなかったら、ファミコンやスーファミががんがん韓国にはいってて、おそらく日本と同じような家庭用ゲーム機のブームがあったと思う。だとしたら、PC房の隆盛も韓国ではおこらなかったような気がする。

となると、もう、日本で、韓国のようなネットゲームブームはないと思うのだ。ワシは。
どんなもんでしょうね。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-30 16:34 | 身辺雑記
株はこれから2年                   松本大・あいはら友子
人魚の動物民族史                  吉岡郁夫
ゴー外!! 1                    小林よしのり
知識資本主義                     レスター・C・サロー
気前の良い人類                   トール・ノーレットランダーシュ
雨の降る日曜は幸福について考えよう      橘玲
すばらしき愚民社会                 小谷野敦
アフターダーク                     村上春樹
羅生門・鼻                       芥川龍之介
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-29 18:32 |
子供の笑顔が見たいからおみやげやオモチャを買って帰る親の気持ちのというものが、ずっとわからんかったが、今日、わかった。

パソコンに新しいパーツを組み込む時のワクワク感とおんなじやった。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-23 02:03 | 身辺雑記
だじゃれで申し訳ないが、先に言ったもの勝ちの気がするので、ここに書いておく。一種の予言だ。

西城秀樹は1955年生まれだ。あと11年で60歳になる。
その頃、ぜったいに流行るフレーズに、「ヒデキ、カンレキー!」があるはずだ。

というか、おそらく、年金関係の団体や保険業界が、このネタでCMを打つと思う。

みなさん、11年後、こういうネタをラジオやテレビで見かけたら、「ああ、麻野がブログで予言していたなあ」と、思い出してください。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-16 11:40 | 身辺雑記
とても流行ってるアメリカの小説家。
主にホラーを得意とする。

ここでは、流行作家が軍隊に入り込むというのを、現代風に言い換えたかっただけで、キングが右翼っぽいとか、切腹したがってるなどということでは、決してありません。
(脚注にする必要すらない有名人だと思いましたが、文脈から、誤解を招くといけないと思ったので、あえてとりあげました)


-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-14 13:00 | BGK
三島由紀夫のことをあげつらってばかりでは卑怯なので、似たような話で、麻野の痛い話を告白して、バランスを取りたいと思う。

20台の後半、女子を交えて酒を飲んだ。正確にいうと違うが、まあ、合コンのようなものだ。その酒席には、高校時代の友人も同席していたのだが、次の日、その友人からあきれられた。
「麻野が、あんなに見栄っ張りだとは思わなかった」と。
なんだ、何の話だと聞いたら、飲みの席で、「オレは高校時代、サッカー部のキャプテンだった」と言っていたというのだ。

麻野本人は記憶をなくしていて覚えていなかった。しかし、まちがいなく言ったのだろう。

実はキャプテンどころか補欠だった。しかも、地域で1,2位を争うほど弱いチームだった。つまり、女の子相手にいい格好をしていたのだ。

それを聞かされた時、うぎゃあと叫んで、地獄の業火にやかれたくなった。存在を消したくなった。はあ、はあ、はあ……。今思い出しても、痛いです。



三島さん、こんなもんでどうでしょう? 米俵の話とバランスとれますか?



-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-14 12:59 | BGK
ユダヤ教の特徴のひとつに、選民思想というのがある。「われわれだけが特別。われわれだけが神に選ばれた民族なのだ」というもの。

ユダヤ民族は、古代において、民族全体が捕虜にされたり、国土をなくしたりと、悲惨な目にあった。そのため、「こんなにひどい目に合うのは、何か理由があるはずだ。きっと神が試練を与えているに違いない。ということは、特別に目をかけてくれているということだ。つまり、われわれは選ばれた民なのだ」という風に思考が流れていった。

しかし、こんなこというとユダヤ人にしかられるかもしれないが、素直に考えると逆だと思う。
「(戦争にも勝つし、人口も国土も増えるし)こんないい目にあっている。われわれは神に祝福された民族なのだ。特別なのだ」だったらわかるんだけど、逆だもんなあ、普通だと「こんなひどい目にあうなんて、おれたち、ダメ民族なんだ」と落ち込むと思うんだけど。あるいは、「神も仏もあるものか」と、無神論になるか。

「こんなに苦労してるんだから、いつか、きっと目がでるさ」、という演歌の一種だと思えば、わからなくもないか。



-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-14 12:59 | BGK
脳の中の神経細胞ニューロンとニューロンの間のことをいう。ニューロンはひものような形をしていて、学習をすると、ニューとのびてロンロンロンロンくっついていく。つまり、シナプスが多くなる。

ニューロンから刺激が伝わるイメージは、麻野は勝手に、宇宙戦艦大和の波動砲をイメージしている。こう、なんつーか、パワーが蓄積されて、ドカーンといくのだ。あれを超早のスピードでやってるって感じ。

昔、「脳の大きい人が賢い」とか、「脳のしわの数が多いと賢い」という俗説があったが、今は、「シナプスが大量にあって、ドッカンドッカンやってるのが賢い」ということになろうか。


-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-14 12:58 | BGK
5~10人くらいで行う、こどもの遊戯。一人がオニになり、壁に顔を伏せて、「ぼんさんが屁をこいた」と大きな声で読み上げる。他の者は、そのオニが読み上げている間だけは、体を移動させていいが、読み終わるとストップしないといけない。オニは、その読みあげを終えると、振り向いて……ああ、面倒くさい。

つまり、「だるまさんがころんだ」である。
西日本では、「だるまさんがころんだ」と言う代わりに「ぼんさんが屁をこいた」という。



-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-14 12:58 | BGK
TVゲームのRPGやアクションゲームなどで、節目に出てくる強い敵キャラクターのこと。
その手ごわさに応じて、小ボス、中ボス、大ボスといわれる。


-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-09-14 12:58 | BGK