<   2004年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

23日、尾道にある、東山という割烹料理店にいった。予約もしないでいきなり入ったのと、祝日だったせいでネタがなく、少し残念だったが、前々から抱いていた疑問がひとつ氷解したのは収穫だった。

小津安二郎の「東京物語」という映画の話だ。この映画は尾道の老夫婦が主人公なのだが、その妻が冒頭でお礼をいうシーンがある。ひとこと、「ありがと」というのだが、それが、聞いたことのない奇妙なアクセントなのだ。関東でも関西でもない、文字では表現できないアクセント。

最初に聞いたとき、「これは方言っぽくするために、適当に変なアクセントにしているだけだろう。方言の考証などはやってないに違いない」と勝手に思い込んだ。そして、小津め、尾道をバカにしやがってと、小さな憎しみさえもった。それくらい、「ありえない」、変なアクセントに聞こえたのだ。

ところが、この東山の店の人が、まったくこれと同じアクセントだった。きいた瞬間、「あ、あの、ありがとだ!」と思い、うれしくなった。店の人が姿を消した後、同席していた者にそれを話したら、「自分も、あの映画を見て、同じ違和感を持った。しかし、今、直に聞いてみると、まったく違和感はなかった」と答えが返ってきた。

たしかに、そうなのだ。

映画だと、えらい違和感があったのだが、今の店の人の「ありがと」には、なかった。おそらく、妻役の女優、東山千栄子は尾道出身ではないので(また勝手にきめつけてます)、少し誇張がはいったゆえの違和感なのかもしれない。

ということは、今まで、誇張された関西弁を聞いて違和感を感じるのは、自分が関西出身だからだと思っていたが、もしかしたら、そういうことだけではないのかもしれない。あまりに誇張された方言は、その方言のことをよく知らない人間にも違和感を与えるのかもしれない。

しかし、こういう話も思い出した。
蝶々夫人だったか、全然違うタイトルだったか。19世紀とか20世紀初頭、ヨーロッパ人にとって、まだ日本がものめずらしいと思われるだけの国だったころ、ヨーロッパのどこかで、登場人物として日本人がでる、オペラだか劇だかがあったそうな。その、日本人役を演じる役者は、西洋人か東洋人かまでは忘れたが、とにかく日本人ではなかったそうな。それで、その役者は、とにかく日本という国は変な国だということを誇張したくて、セリフの日本語を、西洋人には考えられないような変なアクセントと発音でしゃべったそうな。

その珍妙な話し方をを聞いた観客はゲラゲラ笑ったそうな。もちろん意味はわからない。日本語だから。ただ、笑いながらも、「いくらなんでも、これは劇の演出で、本当の日本人はこんなに変な話し方はしないだろう」とみんな思っていたそうな。なので、シリアスなシーンでは、ヨーロッパの人たちが思う、「まともな日本語」で話したそうな。

ところが、その劇を見た本物の日本人がいて、ゲラゲラ笑われた方のしゃべり方がよほど「完璧な日本語だ」と思ったそうな。むしろ西洋人の思う「まともな日本語」は、ダメダメだったらしい。

えーと。結局何がいいたいかわからなくなってきました。
「東京物語」、いい映画です。観て下さい。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-12-26 15:17 | 映画
深酒をした翌日は鬱な気分になることが多いが、たいてい1日たつと平常にもどる。ところが、今回に限って、2日たってもまだ少し尾をひいている。それも、鬱というよりは、ぼんやりとした悲しみが心の表面を覆っているような具合だ。

こんなときは少しでも気分のいいことを考えて気分を晴らそう。さて、何かいいことはなかったかと記憶をさぐると、さっき入ったカフェのことを思い出した。

店の主人が、食後に「味はどうか」とか、出て行くときに、「ゆっくりできたか」とか熱心に、そしてていねいに聞いてくる。今月の初めにオープンしたばかりだそうで、これから頑張っていこうとする、そんな意気込みがこちらにも伝わってくる。年は30代半ばくらいだろうか。どういう経緯で店をはじめることになったのかはわからないが、自分から見て、若さや覇気がまぶしく見えるような青年が、真正面から顔を見据えて、よろしく頼むという姿は、まことにすがすがしく感じた。

と、こんなことを書いていて、くたびれた雑巾のような気分の自分が情けなくなってきた。だめだ。やっぱり、気分のすぐれないときは、なにしてもダメだ。しばらく、桐野夏生の「アイム ソーリー、ママ」でも読んで、よけい心を荒ませよう。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-12-18 14:33 | 身辺雑記

今号のダカーポ(552号)に、「電車男」の書評が載っていた。読んでで違和感を持った。といっても、たいした話でもないので、いつもならそのままにしておくのだが、今回、「ベストセラー本ゲーム化会議」でもとりあげたことだし、なんとなくタイムリーな気もするので、ちょっとブログに書いておく。

まず、重箱の隅をつつく。


電車内で暴れる爺さんの酔っ払いから救ってやった若い女性を、デートに誘いたい


とあるが、救ったのはおばさんであって、若い女性ではなかったはず。


中野独人という架空の人物が編集した


とあるが、「中野独人」というのは現実にいる人間だ。ペンネームを使っているだけだろう。この書き方はおかしいと思う。これだと、「坊ちゃん」も、夏目漱石という架空の人物が書いたことになってしまう。

次に、なんとなくずるいなと思ったところ。


「世界の中心」でまともに「愛」を叫んでいる人、あるいは、そういうリアルなストーリーに熱くなる人たちには、なんでこんな落書のスクラップのようなものが、ベストセラーになるのか理解できないかもしれない。


とかいてるので、「ああ、この評者は、理解できてるのだな」と思った。ところが、次の文章でこう書いている。


~悪名をはせている、狂暴な2ちゃんねらーたちが、“仲間”をリアルな恋愛の世界へと送り出すべく一丸となって協力したことが、“感動的”なのだろう。


「なのだ」ではなく、「なのだろう」ということは、評者は感動してないのだ。それは、感動に“ ”がついていることからもわかる。

つまり、「どうしてこの本がベストセラーになるのか理解できないかもしれない」と、他人事のようにいっているが、この著者自身、別に感動してないのだ。自分のことを他人事のようにいっている。

結局、この評者はどう思ってるのかいまいちわかりづらいのだが、最後の文章でやっとわかる。


リアル・ラブ・ストーリーというより、それを演じようとするスレ共同体のスレたストーリーとして読むと面白い。


麻野のまわりに、「電車男」をおもしろいといっている人間はわりといる。その中には、おたくの2ちゃんねらーもいれば、2ちゃんを読まない、オタクでもない、普通の中年もいる。しかし、だれもこんなひねくれた読み方はしていない。もっと単純に、「見ず知らずの人間の恋愛を、手助けするいい話」だと思って読んでいる。たとえ電車男がネタだったとしてもだ。

面白いと思うか、思わないかは人それぞれなのでかまわないが、面白くないと思ったのなら、そういうスタンスをまず表明すればいいのに、なんとなくずるい人だなと思った。

この人は、2ちゃんねるがキライなんだろう。それは別に人それぞれでかまわないが、自分よりずいぶん年上の人だろうと思ってたら、「仲正昌樹、1963年生まれ」とある。オレと一緒じゃないか。驚いた。金沢大学の法学部教授だ。何冊か本を出してるみたいなので、読んでみたくなった。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-12-16 15:37 |
書いておいて、載せるのを忘れてた文章があったので、とりあえず、追加。


1:公衆トイレで、大をしてる人、ドアしめない。カギをしめないのではない。ドアしめない。ドアあるのにしめない。中国では、個室トイレがないという話をきいたことがある。長い溝が掘ってあって、そこでみんなしゃがむだけだという。今回、さすがにそういうトイレは見かけなかったが、そのメンタリティが続いてるのだろう。人前で、平気できばってた。おもしろいことに、旅行中に影響されたのか、ドアをしめない西洋人もみかけた。人は適応するのだなあ。

2:公衆トイレは少ない。その代わり、道路標識と同じような大きさの、「トイレまであと、100メートル」というプレートが道のあちこちに掲げられている。いってみると、有料。1元。つまり、肉まんと同じ値段。1元払うと、20分はいっていられる。
 「そうか、じゃあ、前の人がはいったあと狙ってはいればタダだな」と思ってたが、繁華街だと、係員がいて、全員から1元づつとっていた。さすが中国人。根っからの商売人だと思った。
 中はいると、男用の小用と大用の2種の便器が、すげーせまいところに隣接してる。意外なのが、金かくしがドアに向いてるということ。常々、日本だと、ドアにケツ向けてしゃがむのが無防備でイヤだったので、違和感もちつつ、納得してしまった。

3:ケンタッキーフライドチキンがものすごーく多い。マクドナルドよりも多い。ただし、日本のケンタとメニューがずいぶんちがってて、どっちかというとハンバーガー屋みたいな品揃え。

4:ユニクロがけっこうあった。中国で安く作ってもうけるだけじゃなく、市場にもしてるな、やるな、とニヤっとした。
 回転すしの元禄寿司がけっこうあった。味千ラーメンという、熊本ラーメンのチェーンをたくさんみかけた。店に、357店目とかかいていた。本当なら、すごい支店の数だ。

5:「ウェィ! ウェィ!」という言葉をよく聞いた。おっさんが、自分の家族に叫ぶというシチュエーションが多かった。多分、「おーい!」とかの意味だと思うんやが、英語の「wait!」に似てるのと、中国人は全体的に声がでかいので、叫ばれるたびに、自分が呼び止められてのかと思って、振り返ることがよくあった。

6:言葉のまったく通じない国の一人旅は、今回が初めてだった。今まで行った国は、連れ立っての旅行か、あるいは英語なりスペイン語なり、なんとかカタコトでも通じる国だったが、今回は、本当にコトバで苦労した。
 今思えば、漢字で筆談すればよかったのだが、ペンをもっていかなかったので、結局、身振り手振りと英語だけで話してた。
 ホテルとか、立派な店では英語も通じるけど、道端の、昼飯を50円くらいで食わせる店のおばちゃんには、英語なんか通じない。向こうは必死で中国語で話しかけるし、オレは英語で返事するから、まったくからまん。でも、なんとかわかるもんだ。
 「好きな材料取ったら、私が調理するから、ひとつ0.5元やからね」といってるし、「春雨もどうお?」といってるのも、わかった。不思議なもんだ。
 店を出る間際、「おいしかったよ」と笑みを浮かべて手を上げたら、それはまったく通じてなくて、「なんか、文句あるの?」という顔をされて、ちょっとへこんだ。
 人間は、コトバ抜きでコミュニケーションする方が、スリリングだ。ただ、疲れる。

7:それにしても、昼飯50円で、マッサージにいったら2000円はギャップある。日本の基準だと、1時間2000円のマッサージは安い。でも、日本だと、昼飯が500円でマッサージが5000円。せいぜい10倍の格差だ。それが中国では40倍。やっぱり高いものと安いものの差が激しすぎる。おそらく、マッサージは日本人などの旅行者しかしないから、旅行者値段になってるんだろう。

8:この辺から、個人的な話になるけど、一人旅は、自分が一皮むけるなあた、と改めて思った。あわただしい旅行で、これでは一泊二日と変わらないと思うほど、時間がなかったが、それでも薄い皮一枚くらいはむけた気がする。
 違う文化と出会うと、違和感がある。ずっと違和感もったままだと疲れるので、鷹揚に構えるようになる。そうすると、肩の力が抜けて楽になる。
 日本だと、肩がぶつかっただけで、ムカッとするが、中国だと、みんないい加減なので、そんなことでいらだってたらやってけない。店員の態度がつっけんどんでも、平気になる。なんというか、ゆっくり生きていけるようになったような気がする。
 人が少ないせいもあるんだろうけど、かかわる人の顔を、ちゃんと見つめながら日々を生きていかんと、つまらんなあと、おもった。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-12-16 14:13 | 身辺雑記
薬師丸ひろ子の隣の部屋に引っ越す夢を見た。

やたら豪華で欧風でかっこいいマンション。壁はあえて無造作に塗った白壁。床は木張り。フローリングというよりも、木張りといったほうがふさわしい。まるでどっかのペンション。いや、ペンションでもこんな豪華なのないというくらい豪華。部屋はワンルームだが、40畳くらいで、広いベッドは作りつけ。建物は一階のみで、広い芝生の庭は、住人全員の窓に面していて、共有物。カギも住人みんな同じカギ。

部屋にはひとつひとつ童話みたいな名前がついている。オレの部屋は、「Pesy Pesy Hijyura Jyura」。ひろ子の部屋は、「Rotoon Sairon Patticheri」とか、そういう名前。ちゃんと金属製のボードに書かれて、それが部屋の扉に飾ってある。とりはずし自由。

ひろ子に近づくため、引越し当日、カギをなくして困ってる振りをして、オレは庭からサインを送る。部屋のボードを見せるのだ。それが、住人の印。微笑みながら助けてくれるひろ子。バッチリ仲良くなる。薬師丸ひろ子も年取ったな、と思う。

夢の中では、つい最近まで、原田知世と付き合ってた設定になっている。心の中で、「逆角川春樹」とか思ってる。「秘蔵っ子」とか。ここは吉祥寺なので、二人で歩いてて、三鷹に住んでる原田知世とバッタリ会ったら気まずいなとか思ってる。

マンションは廊下が幅20メートルくらいある。廊下というより広間に近い。引っ越した日は、そこで、お近づきの印に他の住人に、欧風鉄板焼きを振舞うしきたりになっている。レシピは、ちゃんと部屋のボードに書いてある。なんかよくわからんが、溶いた小麦粉に肉がはいったもので、今、こうやって書いていると、お好み焼きにしか思えないが、夢の中ではヨーロッパ料理っぽかった。他の住人といっても、ひろ子しかいない。引越しの手伝いに来てくれた友人数名とともに鉄板焼きを食うオレたち。

どうも、このマンションは女性限定だったのだが、今度から男性解禁になり、その第一号がオレらしい。そう聞いて、よく見ると、意外とマンションがぼろいことがわかる。そのうち、夢が醒める。

この夢の問題は、オレは別に薬師丸ひろ子のファンでもなければ、とりたてて好きでもないということだ。夢の中でも、役を演じてるみたいで、当事者意識がまったくなかった。なんで、こんな夢を見るのか、さっぱりわからん。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-12-14 11:22 | 身辺雑記
すみません。色々探して、それらしい画像やサイトも発見したんですが、ヘタに載せると名誉毀損が心配です。かといって、顔だけ加工するのも面倒です。文章だけで勘弁してください。

アキバ系ファッションといえば、

・バンダナ
・アニメデザインのTシャツ
・チェックのシャツ
・ケミカル加工したジーンズ
・妙にゴテゴテしたスニーカー
・丸めたポスターが何本ものぞいた紙袋
・リュック(デイパック)系のバッグ
・指の出る手袋

こんなところでしょうか。体型は、デブか、逆にガリガリにやせてて、長い髪を後ろでくくってたりします。

最近は、さすがにこういう典型的な人はあまり見かけません。それに、これだけだと、気持ち悪いまではいきません。麻野が最近見かけた、秋葉から電車に乗ってきた気持ちの悪い人は、こんな格好でした。


30歳前後の男。わりと太ってる。サイズの合ってないジーンズと白いスニーカー。上は白いTシャツ一枚。生地がものすごーく薄い。スケスケ。汗かいてる。シャツがほとんど透明になってる。乳首見える。上半身の体毛が全部透けて見える。シャツはジーンズの中に入れてるから、たるんだ腹の肉がベルトでしめられて、その上にはみ出ているのがよくわかる。にやにやしながらゲームボーイをやっている。時々白目。


助けてくださぁぁぁい!!
_| ̄|○   助けてくださぁぁぁい!!


-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:電車男編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-12-13 11:31 | BGK

    o ┣┯┫  カーン!
   (゙ヽ―◎ ┃     カーン!
   / >. ┃  ┃   カーン!!


-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:電車男編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-12-13 11:27 | BGK
a0016446_2033080.jpgトーベ・ヤンソン
Tove Jansson

1914年 ヘルシンキに生まれる
1948年 「たのしいムーミン一家」出版
1969年 アニメが日本のフジテレビでスタート
2001年 ヘルシンキにて死去。

本文でも少し触れたが、日本のアニメを見て、「こんなのは私のムーミンではない」と涙を流したという。

十分、良心的なアニメだったと思うんですが、絵柄にこだわりがあったんでしょうね。確かに原画の方は、アニメに比べると、野性的です。


-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:電車男編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-12-13 11:26 | BGK
2ちゃんねるの「政治経済」の中にある「市況1」のこと。この中に細かく、企業別にスレがわかれている。スレタイ(スレッドのタイトル)は大体、最初に証券コード、最後に企業名を書いてることが多い。たとえばこんな感じ。

【9984】§壺§ ペテン禿げ §壺§【ソフトバンク】


株式市場は朝の9時から3時までやってるので、ここでみな、ワイワイガヤガヤやっている。

ちなみに、2ちゃんの他の板同様。株板も隠語がやたらとある。ソフトバンクは「ペテン禿」、ライブドアは「高級ーヒー」とか。元々、株って専門用語が多い上に2ちゃん用語が重なるから、部外者はわけわからんと思う。


寄り天かと思ったら、いきなり大人キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!  さすがは漏れのペテム禿!


とか、意味わからないでしょう?
解説すると、「朝一番に高値をつけて、あとは下がる一方かと思っていたら、いきなり機関投資家の買いがはいった(おかげで株価が上がった)。さすがは、オレの好きなソフトバンク。もしかしたら裏で手を回したのかなあ。とにかく上がったから、やったー!」


全般的に、儲かったら「祭り」になるが、損をすると、こういう書き込みが多くなり、



   助けてくださぁぁぁい!!
_| ̄|○   助けてくださぁぁぁい!!



モット行くと、みんな「樹海」がらみの話に変わってくる。首吊りのAA(文字で書いた絵)がやたら出るのもこのころ。
それをすぎると、今度はこんなAAが頻出する。


  おチンチンびろーん
   ∩___∩     
   | ノ      ヽ/⌒) 
  /⌒) (゚)   (゚) | .|  石油が・・・
 / /   ( _●_)  ミ/
.(  ヽ  |∪|  /    石油が~~~・・・orz
 \    ヽノ /   
  /      /  
 |   _つ  /    
 |  /UJ\ \       
 | /     )  )       
 ∪     (  \    
        \_)

-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:電車男編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-12-13 11:25 | BGK
〔(和製) cut + sew〕
編み機で編んだニット地を型紙に合わせて裁断し,縫製した衣類の総称。また,その技術のこと。ポロシャツやスエット-スーツなど。カット-アンド-ソー・カット-アンド-ソーンともいう。

                       三省堂提供「デイリー 新語辞典」より
【言葉の使い方】
・あの子のカットソーは似合ってるね。
・あの服は、きっとカットソーだ。


-------------------------------------------------------------------------------
「ベストセラー本ゲーム化会議:電車男編」の脚注です。
[PR]
by asano_kazuya | 2004-12-13 11:25 | BGK