<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

前、なんかでこんな文章を読んだ。

「男女の愛はどんなに無償に見えても、最終的には「寝たい」とか、「相手に愛されたい」という欲望が根底にあるから、ホンモノではない。それに比べると、親の子に対する愛情は、まさに無償の愛といえよう。なんの期待もない。」

これを読んだ当時は、まだ子がいなかったので、はあそんなもんかいな、そうかもしれんなあと素直に飲み込んでいたのだが、今、子のいる立場になってみると、そんなことはウソだとはっきりわかる。親の子に対する愛情も、決して無償ではない。

とはいっても、別にコドモに老後の面倒を期待しているとかそういうことではない。

前に、このブログで、コドモにオモチャを買ってやるときの心境は、自分のパソコンにメモリーを増設するようなものだと書いたことがあるが、やはりそれに近い。「マシンが速くなった=コドモが笑った」、なのだ。秋葉に行って、メモリを買う。速くて大きなHDDを買う。パーツを手に取り、さぞかし快適に動くだろうと想像しながらほくそえむ。これと、コドモに三輪車を買ってやろうとオモチャ屋でニヤニヤするのはまったく一緒だ。思いっきり見返りを期待しているのだ。

いやいや、それくらいの見返りなら無償だ。無償ということにしとこうぜ、というのなら、いわゆる男女の愛も無償だろう。愛されたいとか寝たいというのは、コドモの笑顔を求めるのとどれほどの差もあるとは思えない。金や地位目当てにくっつくのなら別だけど。ついでにマシンのチューンナップも無償の愛だ。だってあんまり意味ないもの。

で、こんなことを考えてたら思い出したのが、井伏鱒二の「山椒魚」。これ、「ふいんき語り」でも対象にした本だけど、とにかく作者がいつまでも推敲したので有名な小説。短編なんだけど、というか、短編であるがゆえにか、機会があるたびに、あっちをけずったり、こっちを変えたり、死ぬまでやっていたらしい。

気持ちはわかる。ゲーム作ってても、いつまでもいつまでもいじっていたいときがあるから。小説でもゲームでもシメキリがある。いったんは切る。しかし、そのあと、ゲームの場合は、開発環境は必要だし、そもそも権利が個人にないのでいじれないが、作家だと、ペン一本でできるし、権利もある。やりたくなるだろうなあ、と思う。

ただ、すべての作家がそんなことをするわけではないし、井伏鱒二にしても、推敲するのは「山椒魚」くらいだろう。それだけ、愛着があるんだ。きっと。そして、おそらく、それは無償の行為だろう。いくらなんでも、「ここけずったら、また重版かかるだろう……クックック」などと考えて推敲してるとは、考えにくい。真に好きでやってるに違いない。これも立派な無償の愛だ。

ただ、男女の愛とか、親子の愛に比べて、いったん出版した本を、あまり何度も推敲するのは、素直に暗い。後ろ向きだ。そんなだったら、新しい本書いたほうがいい。しかし、新しい本を書くのはパワーがいる。だったら、ずっといじっていたい。気持ちは分かる。だいたい、山椒魚という小説じたい、まあ、暗いっちゃあ、暗い。

こうやって、だんだん、井伏鱒二が気になる存在になってくるのであった。
[PR]
by asano_kazuya | 2005-12-27 16:15 | 身辺雑記
a0016446_1933366.jpg書店で、ひさしぶりに竹村健一の本を目にした。竹村健一といえば、ある程度の年齢の人は誰もが知っていると思うが、頭髪を九一分けにして、パイプをくわえながら「だいたいやねえ」というのが口ぐせの、関西弁の評論家だ。

しばらくその存在を忘れていたが、なつかしくなって思わず手に取った。明日の日本の産業を占う本だ。目次に、「これから中心となるのは『あの世産業』」とある。



あの世産業?

少子高齢化が進んで、葬式産業が流行るということだろうか? いや、それだと冠婚葬祭産業だから「あの世産業」ではない。死後の世界を問題にする宗教っぽい産業とか、コールドスリープとか、そういうことだろうか。うーん、よくわからない。

竹村健一も、もうずいぶんなトシだと思うが、まだまだ社会を見る目が鋭いのだろうか。麻野には想像もつかない着眼点かもしれない。そう思い、中身を読んでみた。それによると……。(以下、適当な抜粋)


20世紀の産業はテレビを作ったり車を作ったり、わかりやすい産業だった。しかし、21世紀になって、ライブドアとか、何をやってるのかよくわからない会社がでてきた。仕事の進め方も、20世紀型の産業は人海戦術で泥臭い白兵戦だったが、21世紀型産業はジェット機で空中戦だ。金のもうけ方も全然ちがう。成層圏をつきぬけるように儲けるのだ。雲の上だ。地上からは見えない。20世紀の産業が「この世産業」だとすると、21世紀は「あの世産業」なのである。




なんじゃそりゃ?
[PR]
by asano_kazuya | 2005-12-15 19:30 |
a0016446_1232099.jpg今月の頭に、こういう本出しました。

日本文学ふいんき語り

『漱石の「こころ」や太宰の「人間失格」をゲームにしたら、どーなる?』がコンセプトの三人談話談集です。

麻野とセンスを共有できる人なら、まず笑えると思うので、よろしくです!
[PR]
by asano_kazuya | 2005-12-04 12:06 |