<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最近、脳関連の本を仕事で読むことがあって、それで、いろいろ得心したことがあるのだが、その中でも、「ほほう」と思ったのが、「思考のほとんどは意識的になされるものではない」ということだった。

これは、悩み事や心配事を例にするとわかりやすい。「よし、心配しよう!」と意識して心配する人はいない。気がつくと、「あいつ遅いけど事故でもあったのか」とか、勝手に心配してる。そして、同様のことがそういったネガティブなことだけでなく、ニュートラルなことやポジティブなことでも成立する。今、こうやって書いている文章も、意識的に思考してるのではなく、心に浮かんだことを、ただ文章にしているだけだ。脳の一部分が勝手に動いていて、あとはそれの奴隷だ。

意思なんてものは、たいした主人公じゃない。たとえばこの文章書いてる状態で、意思にできることは、書くかやめるかの判断をする程度だ。書くかやめるかは決められるが、書く内容を決めたり、書く内容を思い浮かべるのは、オレの意思にはできない。

中国のことわざに、「馬を水場に連れて行くことはできるが、飲ませることはできない」というのがある。これと一緒だ。「さあ、仕事をしよう」と机に座ることはできる。なるべくそっちを考えるようにもっていくこともできる。しかし、思考は、自分からははじめようがない。頭が勝手に回転するのを待つしかできない。

新しく慣れない概念を学習するときは、相当意識的に集中して思考しないと、頭に入らない。たとえば中学のとき、イオンについて勉強したときがそうだった。なかなか理解できなくて、きつかった覚えがある。そういった学習なら、まだ、そういう「オレの思考よ。こっちこいよ!」ができる。しかし、何かを創造するときは、どうしていいかわからない。とにかく、頭が勝手に動き出すのを待つしかない。

これは、怖い。予定が立たないのだ。仕事が予定通り終わるかどうか、さっぱりわからない。しかし、怖いがしょうがない。でないときはでないんだ。なにも。

でもって、机の前にいても頭が動くとは限らないので、歩き回る。今日も家から渋谷まで歩いた。しかし、歩きながら、「オマエさぼってるんじゃないか」と、余計な罪悪感がオレをさいなむ。つらい。でも、どうしたってダメなんだ。

幸い、今まで、それが理由で予定を大幅に遅れるようなことにはなっていない。しかし、いつか、頭がまったく動かなくなって、何もできなくなる日が来るのではないかと、おびえている。
[PR]
by asano_kazuya | 2006-11-29 23:56 | 身辺雑記
モノポリーなど、ボードゲームをレンタルするビジネスを思いついた。評判をよぶかどうかはとりあえずおいておいて、実現するとしたら、こまごました備品が多いので、ちゃんと返却されたかどうかのチェックが課題になる。これはけっこう面倒くさい。

でも、ICチップがあれば問題は解決する。すべての備品にICチップが搭載できれば、一瞬でこういう備品の有無が判別できる。

で、まあ、思ったのだが、ICチップの実用化で、今までしづらかったもののレンタルが一挙に実現するようになるんじゃないだろうか。少なくとも、レンタル事業そのものが楽になる。たとえば、ツタヤでDVDの返却のチェックはバーコードを読み込んでしているが、あれも、センサー箱に放り込むだけで認識できるだろう。

学校での「持ち物検査」も不要になる。持ってきてはいけないものが、教師による目視ではなく、校門でのセンサーチェックでわかってしまう。

いいことわるいことひっくるめて、管理が容易になる社会が実現するように思える。携帯電話の電波が届かないリゾート地に価値がおかれるように、そのうちICチップフリーな製品が、いい値をつけるようなことになるのかもしれない。
[PR]
by asano_kazuya | 2006-11-16 00:36 | 身辺雑記
タイトル:サウンドノベルだけで5センチのばす(仮題ではない)
ジャンル:サウンドノベル
ハード :スーファミかPS。あるいはPS2、キューブ、DS、PSP、PS3、Wii、XBOXでもかまわない。セガサターンでもいい。
内容  :5センチのびる。何がのびるかはプレイしてのお楽しみ。



タイトルを聞いただけでバカゲーくさいが、意外と「泣ける」ゲームになる。だから、帯には、「全米が泣いた!」と書く。日本人がターゲットなので、本当は「全日本が泣いた!」にしたいが、それだとバレーボールかなんかの選手が泣いたみたいなので、仕方なく「全米が泣いた!」にする。あるいは、いっそ潔く、「仕方なく全米が泣いた!」にする。

開発コードネームは「5センチ」。開発費1億。まあ3年くらいあれば形になるんじゃないかな。まずはブレストで、「なにがのびるか」から話をはじめたい。おもしろくなるかは、まったく未知数。売れるかどうかは、なお未知数。どこか酔狂なところが資金提供してくれんもんか。
[PR]
by asano_kazuya | 2006-11-14 02:06 | 身辺雑記