<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

イベントします。
ゲストに、ミステリー作家の我孫子武丸さん(『かまいたちの夜』の原作者)もきます。

是非、見にきてください!

【タイトル】「夜のゲーム大学5~Play or DIE ゲームの未来と再生」

【場所】阿佐ヶ谷ロフトA

【日時】2010年11月7日(日曜日)OPEN18:00/START19:00

【料金】前売¥1,500/当日¥1,800(共に飲食代別)
前売チケットはローソンチケット【L:33265】、ウェブ予約にて受付開始!
(いままですべてソールドアウトだったので予約しておいたほうが吉!)

【内容】
大好評「夜のゲーム大学」第五弾。ゲームの再生or死を賭けて、現役のゲーム作家がエンタテインメントな授業を披露。授業っても、研究発表みたいな退屈な授業はやらない。授業そのものがゲームであり、エンタテインメントショーだ!
飯田和敏が処女作『アクアノートの休日』を語る。麻野一哉が出世作『かまいたちの夜』を語る(ゲスト、ミステリー作家の我孫子武丸さんだ!)。米光一成が遺作を語る。処女作、出世作、遺作とゲーム作家の人生を横断する試み!

【出演】
麻野一哉(ゲーム開発者/慶応大学日本語日本文化センター非常勤講師)
代表作『銃声とダイアモンド』『トルネコの大冒険』『かまいたちの夜』等

飯田和敏(ゲーム作家/デジタルハリウッド大学教授)
代表作『ディシプリン*帝国の誕生』『アクアノートの休日』『巨人のドシン』等

米光一成 (ゲーム作家/立命館大学映像学部教授)
代表作『ぷよぷよ』『BAROQUE』『キングオブワンズ』等。11/7はネイキッドロフトで電書フリマZ開催

三人の共著に『ベストセラー本ゲーム化会議』(原書房)『日本文学ふいんき語り』(双葉社)『スピンドル式 鍛えない脳』(しょういん)
『恋愛小説ふいんき語り』(ポプラ社)がある。

【ゲスト】
我孫子武丸(ミステリー作家) 『8の殺人』『探偵映画』『少年たちの四季』『さよならのためだけに』など幅広い作風で活躍。『かまいたちの夜』シナリオ担当、『かまいたちの夜2』シナリオ監修&サブシナリオ。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-10-22 11:00 | ゲーム
a0016446_12275491.jpg『ドリトル先生物語』を訳し直して、パブーというサイトにアップしました。
今週末までは無料なので、是非、ダウンロードして読んでみてください。

原作は、イギリスの
Hugh Lofting 作の『The Story of Doctor Dolittle』です。

日本では、作家の井伏鱒二の訳の『ドリトル先生アフリカゆき』として知られています。

動物のことばがわかるドリトル先生が、アフリカに蔓延した病気から、おおぜいのサルを救うため、旅にでる物語です。

難破あり、監禁あり、海賊あり。
個性的な動物がたくさんでてくる、楽しい物語です。


これから、さし絵もふえる予定です。
今、ダウンロードしていただければ、さし絵がふえた時点でまた無料でダウンロードできるので、お得です。
ぜひ、今、ダウンロードしてください。
(まだ、このサイトの仕組みを完全には理解してないので、もしかしたら違うかもしれませんが、ま、そのときは無料ということで勘弁してください。)
[PR]
by asano_kazuya | 2010-10-20 12:28 |
第5回「夜のゲーム大学」のイベントを阿佐ヶ谷ロフトでやります。


今回は、なんと! ゲーム『かまいたちの夜』の原作者、我孫子武丸さん(ミステリー作家)がゲスト出演してくれます。 わしはこのゲームのディレクターでした。


この前、ツイッター見てたら我孫子さんがフォローしてくれてて、「おひさです」と書き込んだら、「今、東京きている。飲みますか」という話になって、イベントのこといったら、「でましょう」となった。

ツイッターすげー! 瓢箪からコマだし、話はえー。

わし、ヨネミツ、イイダの三人で、それぞれ「ビギニング・オブ・かまいたち」、「遺作」、「ビギニング・オブ・アクアノートの休日」の話をすることになりそうだけど、まだ流動的。

麻野は多分、「かま」作った時の話を我孫子さんと二人でしまくると思います。

たんなる、なつかし話ともいえるけど、新しいなにかが生まれるかもしれない。

今回は、いい意味で麻野は肩の力ぬけてるし、前向きなので、是非、見に来てください。

詳細は、適当にぐぐってください。近づいたら、もう少しちゃんと書きます。
[PR]
by asano_kazuya | 2010-10-18 20:07 | ゲーム